ドコモの新料金プラン「ギガホ」「ギガホライト」を解説。安くなる人と月額最低維持費を算出。

2019年4月15日にドコモの新料金プラン「ギガホ」「ギガホライト」が発表されました。
ドコモは昨年の総務省からの要請で携帯電話料金を4割削減すると発表しており、今回の新プランはそれをうけてのプランとなっております。
今回は、新料金プランの「ギガホ」「ギガホライト」の詳細解説し、誰が安くなるのかそもそもどれくらいの月額最低維持費になるのか解説したいと思います。

スポンサーリンク

ドコモの新プラン「ギガホ」「ギガホライト」とは?

2019年6月1日より開始されるドコモの新料金プランです。

特徴は以下です。

  1. スマートフォン向けの料金プランは「ギガホ 30GB 6,980円」「ギガライト 1〜7GB 2,980円〜5,980円」の2つ
  2. 通話の音声プラン、SPモード、データ通信量が合算したプラン
  3. 新プラン「ギガホ」「ギガホライト」へプラン変更すると、月々サポートは消滅。端末購入サポートは、解除料金が発生する
  4. カケホーダイやカケホーダイライトといったものは、オプションで追加料金(無制限+1,700円、5分無料+700円)
  5. シェアパックの概念はなくなり、それぞれ単独で料金がかかる
  6. みんなドコモ割という新料金プランを導入している方に家族の音声プランの回線数によって割引(2回線500円、3回線以上1,000円)
  7. 更新ありがとうポイントの代わりにずっとドコモ特典という誕生月にdポイントがもらえる
  8. ドコモ光セット割が、シェアパックの割引から個人個人への割引へ変更(0円〜1,000円)
  9. データ量超過による速度制限が、「ギガホ」プランの場合128kbps制限から1Mbps制限へ変更

それでは、新プランについて解説します。

ドコモの新プラン「ギガホ」の概要

それではギガホの特徴をご紹介します。

通話もデータ通信もセットになったプランです。
従来は、音声プラン+SPモード+パケットパックというややこしい料金プランでしたが、今回はまとめての料金かかくとなっております。
ただし、SPモードを外して運用などができなくなるため、月額の最低維持費はあがってしまい寝かし回線などは、厳しいでしょう。

なお従来のカケホーダイやカケホーダイライトなどの、

ギガホは、1ヶ月30GBまで使えます。
なお上記の図は、ギガホ割とみんなドコモ割という割引をつかっての料金となっておりますが、通常は6980円となります。

30GB使い切ったあともギガホならば128kbps制限ではなく、1Mbps制限となります。
ちなみに128kbpsですと、ぎりぎりLINEなど送受信できるぐらいしかできません。
WEB閲覧もかなり厳しいです・・・

1Mbpsあれば、ぎりぎり低品質で動画視聴やWEB閲覧などもできるでしょう。

以上より「ギガホ」をまとめますと以下となります。

プラン名
(提供役務)
月額料金
(2年定期契約の場合)
利用可能
データ量
利用可能
データ量
超過後速度
ギガホ
(Xi)
6,980円30GB送受信時
最大1Mbps

なお「ギガホ」は、みんなドコモ割、

ドコモの新プラン「ギガホライト」の概要

それではギガホライトの特徴をご紹介します。

ギガホライトもギガホと同様に通話もデータ通信もセットになったプランです。

ギガホライトは、使っているデータ量に応じて段階的に料金があがっていくプランとなっております。
よってデータ通信量が少ないユーザ向けのプランとなっております、
なお上記は、みんなドコモ割3回線以上の場合となっており、通常は+1,000円となります。

これらをまとめますと以下となります。

プラン名
(提供役務)
月額料金
(2年定期契約の場合)
利用可能
データ量
利用可能
データ量
超過後速度
ギガライト
(Xi)
ステップ4
<~7GB>
5,980円7GB送受信時
最大128kbps
ステップ3
<~5GB>
4,980円
ステップ2
<~3GB>
3,980円
ステップ1
<~1GB>
2,980円

新料金プランの音声オプションについて

新料金プランは、「料金プラン」に音声プションを追加することができます
以下が音声オプションの料金と通話料になります。

音声オプション名オプション料金通話料
なし家族間国内通話:無料
家族以外への国内通話:20円/30秒
5分通話無料オプション700円<1回あたり5分以内の通話>
国内通話無料
<1回あたり5分超の通話>
家族間国内通話:無料
家族以外への国内通話:20円/30秒
かけ放題オプション1,700円国内通話無料

ギガホ + かけ放題オプションを使うと料金は以下となります。

6,980円 + 1,700円 = 8,680円

新料金プランの割引について

ここからは、新料金プランの割引についてご紹介します。
少し複雑にはなりますが、しっかりと理解しオトクに使い倒しましょう!

みんなドコモ割について解説

みんなドコモ割とは、「ギガホ」「ギガライト」は、「ファミリー割引」または「ビジネス通話割引」グループ内の音声回線数が2回線以上の場合、グループ内の全ての「ギガホ」「ギガライト」の月額料金を回線ごとに最大月額1,000円割引となる割引サービスです。
なお適用は自動的に適用されます。

割引額を以下にまとめます。

プラン名「みんなドコモ割」割引金額()内は割引適用後の月額料金
「ファミリー割引」または「ビジネス通話割引」グループ内の音声回線数
1回線2回線3回線以上
ギガホ
(6,980円)
-500円
(6,480円)
-1,000円
(5,980円)
ギガライトステップ4
<~7GB>

(5,980円)
-500円
(5,480円)
-1,000円
(4,980円)
ステップ3
<~5GB>

(4,980円)
-500円
(4,480円)
-1,000円
(3,980円)
ステップ2
<~3GB>

(3,980円)
-500円
(3,480円)
-1,000円
(2,980円)
ステップ1
<~1GB>

(2,980円)
-500円
(2,480円)
-1,000円
(1,980円)

表をみていただいても分かる通り、割引額は以下となります。

  • 2回線で500円の割引
  • 3回線で1,000円の割引

よって4回線以上で組んでもメリットはありません。

なお請求グループが別の場合でも、回線数の対象となりますので、必ずしも請求をまとめる必要はありません。

ドコモ光セット割について

「ファミリー割引」または「ビジネス通話割引」グループ内に「ドコモ光」のご契約があれば、グループ内の「ギガホ」「ギガライト」の月額料金を自動的に毎月最大1,000円割引となります。
なお、「ファミリー割引」「ビジネス通話割引」を契約していなくてもも、「ドコモ光」を契約していると、割引が適用されます。

従来は、パケットパックから割引となっていましたが、今回から個人個人での割引となりますので割引額は大きくなります。

以下に割引額を表にまとめます。

プラン名「ドコモ光セット割」割引金額
()内は割引適用後の月額料金
ギガホ-1,000円
(4,980円)
ギガライトステップ4
<~7GB>
-1,000円
(3,980円)
ステップ3
<~5GB>
-1,000円
(2,980円)
ステップ2
<~3GB>
-500円
(2,480円)
ステップ1
<~1GB>

(1,980円)

ステップ3以上は、1,000円の割引。
ステップ2は、5,00円の割引。
ステップ1は、割引無しということは注意が必要です。

スポンサーリンク

ずっとドコモ特典について

「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」を契約中の方に、dポイントクラブステージに応じて、新料金プランご契約者さまの誕生月にdポイント(期間・用途限定)が毎年もらえます。
dポイント(期間・用途限定)の獲得は更新ポイントと同様に自身によるお手続きが必要となっております。
なお獲得は、誕生月を含む6か月目の月末まで申し込めます。

もらえるdポイントの数は、ステージによって異なりますので、以下の表にまとめます。

dポイントクラブステージ進呈ポイント数
プラチナ3,000pt
4th2,000pt
3rd1,500pt
2nd1,000pt
1st500pt

プラチナステージの長期ユーザ(15年以上)が有利となっております。
また更新ありがとうポイントは、2年に1回だったのが毎年ポイントがもらえることになったのは良いですね。

ギガホ割について

新たにギガホ割に加入した方に6ヶ月間1,000円割引するキャンペーンです。
ギガホとギガライトの7GBの差は、1,000円となっておりますので、ギガライトで7GBいくくらいなら6ヶ月だけでもギガホを選ぶ方が良いですね。

プラン名
(提供役務)
月額料金
(2年定期契約の場合)
ギガホ割後の料金利用可能
データ量
ギガホ
(Xi)
6,980円5,980円30GB
ギガライト
(Xi)
ステップ4
<~7GB>
5,980円5,980円
(割引無し)
7GB

はじめてスマホ割について

ドコモケータイから「ギガホ」もしくは「ギガライト」に変更された方、または、他社でケータイをご利用の方で「ギガホ」「ギガライト」に申込みで、最大12か月間月額1,000円の割引が適用されます。
また、「ウェルカムスマホ割」適用中のお客さまは、「ウェルカムスマホ割」の終了日を引き継いで、「はじめてスマホ割」を適用します。

割引額は、ギガホ、ギガホライトのユーザならば一律1,000円割引となります。

新プラン(ギガライト)の月額最低維持費とシェアパックの最低維持費を比較

ギガライトの月額最低維持費を算出します。
なお条件は以下とします。

  • ギガライトの条件
    みんなドコモ割(3回線以上)が適用できること
  • シェアパックの条件
    シェアオプションをつける
    シェアパックの値段は含まない
プラン名金額
ギガライトステップ1
<~1GB>
1,980円
シェアパック1,480円

最低維持の条件にファミリーの音声回線数が必要となります。
月額の維持費は、シェアパックのときと比べると少し高くなっております。

ただしSPモードがなかったり既存のシェアパックが必要等、一概に比較できない部分はありますが、寝かす場合は値上げとなります。

従来プランと新プランの料金を比較

一概にデータ量が新プランと旧プランで区切りが違うため比較はできないのですが、比較的近いものを比較いたします。

従来プラン(ベーシックパック)と新プラン(ギガホ、ギガライト)を比較

一人で利用する場合の料金を比較表にまとめました。
前提条件として旧プランは、プラチナステージでの割引適用後の価格としています。
新プランは、一人利用ということもあり、みんなドコモ割の適用はなしとして記載しております。

データ量新プラン旧プラン
30GB¥6,980¥8,400¥-1,420
20GB¥6,480
7GB¥5,980¥6,480¥-500
5GB¥4,980¥5,480¥-500
3GB¥3,980¥4,680¥-700
1GB¥2,980¥3,980¥-1,000

どれを比較しても、新プランの方が安いです。
ただし月々サポートがなくなることを考えると、安くはありません。
iPhoneでも-2,457円/月ほど月々サポートがあります!

新プラン適用で携帯電話本体が、どれだけ高くなるのかによってどちらがオトクか変わってきそうですね・・・

従来プラン(シェアパック)と新プラン(ギガホ、ギガライト)を比較

ファミリーで利用する場合の料金比較をまとめました。
前提条件として旧プランは、プラチナステージでの割引適用後の価格としています。
みんなドコモ割の適用は、ファミリーということで3回線以上としております。

データ量/1人新プラン旧プラン
約30GB¥15,940¥27,340¥-11,400
約7GB¥14,940¥17,140¥-2,200
5GB¥11,940¥15,640¥-3,700
約3GB¥8,940¥12,840¥-3,900
約1GB¥5,940¥10,440¥-4,500

30GB相当のギガホを選択するとかなりオトクです。
そのほかについては、月々サポート3台分がなくなると考えるとあまりオトクではありません。
iPhoneの場合は、¥2,457 x 3 = ¥8,851

やはりこちらも新プラン適用で携帯電話本体が、どれだけ安く販売されるのかによってどちらがオトクか変わってきそうですね・・・

また今回は、3回線で比較をしておりますが、例えばファミリーが4回線の場合は、割引額が減りますので4回線以上でシェアパックをご利用中の方は、回線数が増えれば増えるほど損をしていきます。

結局新プランは、どんな人がオトクなのか?

間違いなくオトクと言えそうな方は、月々サポートが終了していたり端末購入サポートの違約金がかからない方で、一人契約の方ならオトクです!
シェアパックの方は、子回線が全て月々サポートが終了していたり端末購入サポートの違約金がかからない方となっていれば全員新プランに変えても良いと思います。

ただし大体の方は、混在していると思いますので、以下でシミュレーションができますので、やってみてください。

おてがる料金シミュレーション | 料金・割引 | NTTドコモ

新プランの個人的な感想と考察

  • 思ったより安くない!
    4割還元といっておきながら、4割には程遠いなーと思いました。
    他社のプランとあまり差分がないため、他社追随はなさそうに感じました。
  • 感度の高いユーザは、新プランへ移行できないのでは?
    通常は、感度の高いユーザから新プランに移行していきます。
    しかしながら今回は、移行してしまうと月々サポートが消滅してしまいます。
    感度の高いユーザは、最新の端末をもっていることが多く月々サポートの残額が残っている可能性が高く移行に躊躇すると考えられます。
  • 新プランへ移行できるユーザは少ない
    月々サポートを使っていないユーザや端末購入サポートを使っていないユーザは、すぐに移行ができますが、それ以外のユーザはなかなか移行ができません。
    おそらく新プランへの移行は緩やかなになるでしょう。
  • 携帯電話の買い替えはしばらく減る
    シェアパックを組んでいるユーザは、おそらくシェアパック内のほとんどのユーザの月々サポートが終了したタイミングで買い替えをすると考えられる。
    よってしばらくは買い控えとなるのではなでしょうか。

新プランはMy docomoから申し込みでdポイント500ポイントGET

【キャンペーン応募期間】

2019年5月21日(火曜)23:59まで

【適用条件】

①上記期間中にキャンペーンに事前エントリーいただくこと

②2019年5月22日(水曜)~2019年6月30日(日曜)の期間中にMy docomoより「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」のいずれかのお申込みをいただくこと

③2019年7月1日(月曜)時点で「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」のいずれかのご契約が適用されていること

「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」について詳しくはこちら

My docomoからのお手続きはこちら

【特典】

dポイント(期間・用途限定)500ポイント

進呈時期:2019年7月下旬予定

ポイント有効期限:2019年10月31日(木曜)

すぐにお手続きをする方は、しっかりとエントリーをした上で申し込みをすれば500ポイントもらえますので、GETしておきましょう!

スポンサーリンク

My docomoからのお手続きはこちら

ドコモオンラインショップでオトクに購入しよう!

今までドコモショップしか使っていなかった方も今回を期にドコモオンラインショップはいかがでしょうか?
実は、実店舗よりもメリット多数です。

  • 頭金がかからない(高いところは1万円ほどします・・・)
  • 機種変更手数料が0円(ショップや量販店で買うと2,000円〜3,000円かかります・・・)
  • オプション勧誘がない。
  • 待ち時間なしで注文できる。
  • dカード支払いでdポイントが2倍貯まる。
  • 自宅から注文ができ、自宅に届く(送料無料)

よろしければこちらから購入できますので、どうぞ。

ドコモオンラインショップ

dポイントを貯めるには、dカードゴールドがおすすめ

dカード GOLD公式

dポイントを効率的に貯めたいならdカード GOLDがおすすめです。
またdカード GOLDには以下のようなメリットがあります。

  • ドコモ携帯電話料金およびドコモ光に対してポイント10%還元
  • 利用金額に応じて年1回1万〜2万円相当の年間利用特典がもらえる
  • ケータイ補償が購入から3年間で10万円まで補償される
  • 国内外旅行保険、あんしん買い物保険が適用される
  • 国内28の空港ラウンジを利用できる
  • 家族カード(無料)でも本会員に負けない特典を受けられる

dカード GOLDについては、以下の記事に詳しく書いておりますので、よろしければ御覧ください。
オトクです!

まとめ

新料金プランの「ギガホ」「ギガホライト」についてご紹介しました。
月額の最低維持費は、1,980円となります。
なおこのプランがオトクなのかというと携帯電話端末の価格がいくらになるかによって大きく変わってきます。
もし現状の価格で月々サポートがなくなった価格のまま販売されると確実に値上げとなります。
おそらく携帯電話端末の割引はあると思いますが、引き続き注視していきたいと思います。

個人的には、4割削減といわれていたのでもっともっと安くなると思っていましたが、あまり安くならなかったので残念でした。
しかしながらオトクに使う方法は、存在すると思いますので、引き続き調べていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です