dカードGOLD(ゴールド)の魅力を余すところなく解説。メリット・デメリットも。

本サイトでも度々紹介してまいりましたが、dカード GOLD(ゴールド)の魅力についてすべてを語れていませんでした。
ドコモユーザは必須。ドコモユーザ以外も十分に持つメリットがありますので、ぜひご紹介できればと思います。

スポンサーリンク

dカード GOLD(ゴールド)とは?

日本の携帯電話キャリアであるNTTドコモが発行するクレジットカードです。昔のDCMX GOLDカードの後継カードです。

昔のDCMX GOLDのときは、あまりドコモのゴールドカードは人気がありませんでした。
年会費の割にメリットがなかったためです。
しかしながら現在のdカード GOLD(ゴールド)は、年会費を払ってもそれを上回るメリットがあります。

それでは、クレジットカードの基本スペックを紹介してまいります。

dカードおよびdカード GOLD(ゴールド)の基本スペック

dカードおよびdカードGOLD(ゴールド)の基本スペックを以下の表にまとめました。

項目dカードdカードGOLD
年会費無料(年1回利用)¥10,000+税
基本還元率1%1%
電子マネーiDiD
家族カード有(1枚目年会費無料)
ポイントdポイントdポイント
ETC無料(年1回利用)無料(年1回利用)
カードブランドMastercard/VISAMastercard/VISA

こちらを確認しますと、dカードとdカードGOLDの差分はない?
後は年会費も高いし、dカードでいいやとなってしまうかもしれません。

実はdカードGOLD(ゴールド)の真の実力は基本スペックの裏にある様々な特典にあります。
今回はその様々な特典を余すところなく解説します!

dカード GOLD(ゴールド)の特典

dカードGOLD(ゴールド)の基本スペックにはない特典を記載していきます。

ドコモ携帯電話料金およびドコモ光に対してポイント10%還元

この特典がdカードGOLD(ゴールド)を持つ上で最もメリットとなる特典でしょう。
この特典があるおかげで年会費1万円を帳消し、むしろそれを上回るメリットをもたらします。

特典の詳細は以下です。

  • ドコモ携帯電話の利用料金(税抜)×10%分のdポイント付与(1000円毎に100pt)
  • ドコモ光の利用料金(税抜)×10%分のdポイント付与(1000円毎に100pt)

みなさんは、携帯電話の料金は10,000円ほど毎月払ってはいませんか?
そしてドコモ光も4,000円ほど払ってはいませんか?

上記のような例で計算すると以下のようになります。

  • 携帯電話利用料金10,000円 × 10% = 1000pt
  • ドコモ光利用料金4,000円 × 10% = 400pt

ということで合計すると毎月1,400ptのdポイントを獲得することができます。
またこれが12ヶ月続くとすると以下となります。

1,400pt × 12ヶ月 = 16,800pt

よって12ヶ月のポイントを合計すると10,000円を超えるため、年会費を払ってでも持つカードということになります。

ただし10%還元の範囲には注意が必要

携帯電話利用料金の10%(1,000円につき100pt)のdポイント付与されるとありますが、ドコモからの請求金額全てに付与されるわけではありません。

具体的に申しますと、以下は対象外となります。

  • 携帯電話の分割代金
  • 消費税
  • d払いやアプリ課金

正直なところどこまでが範囲なのか非常に分かりづらいと思います。
しかし簡単にdポイントの獲得がどれくらいもらえるのかわかる方法があります。

月々の明細を見ればdカードGOLD(ゴールド)を導入したときの獲得ポイントがわかる

dポイントクラブからdポイントの獲得履歴および利用履歴を確認することができます。
獲得ポイントの確認方法は以下です。

  1. dポイントクラブにアクセスする。
    以下のURLからアクセスします。
    dポイントクラブ
  2. dポイントの利用履歴を確認する。
    左下図の赤枠「dポイント合計」を選択する。
    右下図の赤枠「ポイント獲得・利用履歴をみる」を選択する。
  3. dポイント獲得・利用履歴から携帯電話利用料の部分を確認する。
    左下赤枠「表示対象期間」を全期間表示に変更し、表示を選択します。
    そうすると全期間の履歴がでますので、そこからドコモ回線ご利用料金を探しましょう。
  4. ドコモ回線ご利用料金で獲得したdポイントを10倍する。
    上記で確認した数字を10倍するとdカードGOLD(ゴールド)取得時にもらえるdポイントがわかります。

なお私の場合は、すでにdカードGOLD(ゴールド)を所持しているため、上記画像の赤枠の上に「ドコモ回線ご利用料金(dカード GOLD特典)」と出ています。
ドコモ回線ご利用料金とドコモ回線ご利用料金(dカード GOLD特典)合計すると100ptとなるため、10倍の計算であっていることがわかりますね。

なお上記のように分けて記載されるようになったのは、2018年度5月以降です。
dカードGOLD(ゴールド)所持によるゴールドステージ廃止により、dカードGOLD所持による獲得dポイントが明確にわかるようになりました。
dポイントクラブの変更点については、以下の記事にまとめておりますので、よろしければご確認ください。

利用金額に応じて年1回1万〜2万円相当の年間利用特典がもらえる

こちらの特典は、dカードGOLD(ゴールド)を年間100万円以上利用される方に限定してメリットがあります。
上記のようなものが、毎年5月下旬から6月上旬にかけてダイレクトメールできます。
クレジットカードを使うだけで追加で特典がもらえるのでオトクですし、なによりプレミアム感が嬉しいです。

それでは特典の中身について解説します。

dカードGOLD(ゴールド)年間利用特典

dカードGOLD(ゴールド)の年間利用特典は、年間利用額が100万円以上〜200万円未満の方と200万円以上の方で特典がことなります。

以下に利用額ごとの特典を記載します。

特典年間利用額
100万円以上200万円未満200万円以上
ケータイ割引クーポン¥10,800¥21,600
dfashionクーポン¥10,800¥21,600
dトラベルクーポン¥10,800¥21,600
dショッピングクーポン¥10,800¥21,600
dデリバリークーポン¥10,800¥21,600

上記みていただけるとわかりますが、100万円、200万円と使うと追加で1%分還元されるイメージです。
よってdカードGOLD(ゴールド)は、200万円まで使うと特典を含めると還元率が2%になるのと同等の特典があります。

年間200万円までは、dカードGOLD(ゴールド)を使うととてもオトクです。

ケータイ補償が購入から3年間で10万円まで補償される

みなさんは携帯電話の購入時にケータイ補償に入っていませんか?

ケータイ補償で月々380円〜500円程度お支払いをしていると思いますが、dカードGOLD(ゴールド)をもてば、必要なくなる可能性があります。

dカードGOLD(ゴールド)のを持てば、購入から3年以内であれば以下の場合10万円まで補償され新しい機種に変更することができます。もちろん月々0円です。

dカードGOLD(ゴールド)のケータイ補償が適用される範囲は以下です。

  • 水濡れ
  • 全損(修理不可)
  • 紛失もしくは盗難

なお紛失・盗難の場合は、別途警察へ被害届を提出し、番号を取得後ドコモ側へ伝える必要があります。

オトクであるdカードGOLD(ゴールド)の補償にも注意点があります。

  • 機種購入時にdカードGOLD(ゴールド)で支払う必要がある。
    dカードGOLD(ゴールド)以外で支払いをすると対象外となります。
  • 10万円を超える分は支払う必要がある
    昨今高額機種が増えているため注意が必要です。
  •  端末購入サポートにて購入した機種は購入から13ヶ月以内にケータイ補償を利用すると違約金が発生する。
    端末購入サポートにて購入した機種で補償を適用しようとすると違約金がかかってしまいます。

国内空港ラウンジに無料で利用できる

国内28の空港ラウンジに無料で入ることができます。

これは一般的なGOLDカードと特典にほぼ差分はありませんので、あまり大きなメリットではないかもしれません。
ただしはじめてのゴールドカードの方は、メリットは大きいと思います。
羽田空港のラウンジも近年は非常に良くなっています。これを機に一度いってみると良いかもしせません。

エリア空港・ラウンジ名
北海道新千歳空港 スーパーラウンジ/ロイヤルラウンジ 函館空港 ビジネスラウンジ A Spring
東北青森空港 エアポートラウンジ 秋田空港 ロイヤルスカイ 仙台空港 ビジネスラウンジEAST SIDE
関東成田国際空港 ビジネス&トラベルサポートセンター内ラウンジ・T.E.Iラウンジ 羽田空港 エアポートラウンジ/SKY LOUNGE/SKY LOUNGE ANNEX/POWER LOUNGE NORTH/POWER LOUNGE SOUTH
東海中部国際空港 プレミアムラウンジ セントレア
北陸新潟空港 エアリウムラウンジ 富山空港 ラウンジ らいちょう 小松空港 スカイラウンジ白山
関西伊丹空港 ビジネスラウンジ(ラウンジオーサカ) 関西国際空港 カードメンバーズラウンジ 六甲(北ウイング) 金剛(南ウイング) 比叡(ターミナルビル3階)アネックス「六甲」(北ウィング) 神戸空港 ラウンジ 神戸
中国岡山空港 ラウンジ マスカット 広島空港 ビジネスラウンジ 米子空港 ラウンジ DAISEN 山口宇部空港 ラウンジ きらら
四国徳島空港 エアポートラウンジ ヴォルティス 高松空港 讃岐 松山空港 ビジネスラウンジ/スカイラウンジ
九州・沖縄新北九州空港 ラウンジ ひまわり 福岡空港 くつろぎのラウンジ TIME/ラウンジTIME インターナショナル 大分空港 ラウンジ くにさき 長崎空港ラウンジ ビジネスラウンジ アザレア 熊本空港 ラウンジ「ASO」 鹿児島空港 スカイラウンジ 菜の花 那覇空港 ラウンジ 華 ~hana~

各種保険が付与される

国内旅行保険、国外旅行保険、あんしん買い物保険などdカードGOLD(ゴールド)を所持することで様々な保険に加入することができます。

dカードGOLD(ゴールド)の国内旅行保険

国内旅行保険を以下にまとめます。

項目本人会員/家族会員
国内旅行傷害保険傷害死亡保険金5,000万円
傷害後遺障がい保険金程度により200万円~5,000万円
入院保険金5,000円(日額)
通院保険金3,000円(日額)
手術給付金入院保険金日額の5倍または10倍
国内航空便遅延費用特約乗継遅延による宿泊・食事費用2万円
手荷物遅延による衣類・生活必需品購入費用1万円
手荷物紛失による衣類・生活必需品購入費用2万円
出航遅延・欠航による食事費用1万円

dカードGOLD(ゴールド)の国外旅行保険

国外旅行保険をまとめます。
カードを持っていない家族にも適用される点が良いですね。

スポンサーリンク

項目本人会員/家族会員本人会員の家族
傷害死亡1億円1,000万円
傷害後遺障がい程度により400万円~1億円程度により40万円~1,000万円
傷害・疾病治療費用(一事故/一疾病の限度額)300万円50万円
賠償責任(一事故の限度額)5,000万円1,000万円
携行品損害(年間限度額)50万円(一事故あたりの自己負担額3,000円)15万円(一事故あたりの自己負担額3,000円)
救援者費用(年間限度額)500万円50万円
海外航空便遅延費用特約乗継遅延による宿泊・食事費用 2万円
手荷物遅延による衣類・生活必需品購入費用 1万円
手荷物紛失による衣類・生活必需品購入費用 2万円
出航遅延・欠航による食事費用 1万円

dカードGOLD(ゴールド)のあんしん買い物保険

dカードGOLDにて購入した商品がご購入日を含め90日以内に盗難、破損などの偶然な事故によって損害を被った場合に補償します。

補償金額は、年間300万円になります。
自己負担額は、3000円になります。

なかなか購入後すぐに壊れるということはないかもしれませんが、安心ですね。

家族カードが1枚目無料作成でき、本カードの特典を一部受けられる

dカードGOLD(ゴールド)は、家族カードが1枚目は年会費無料で作ることができます。(2枚目以降は年会費1,000円+税)
dカードGOLD(ゴールド)が、家族カードをつくらないと威力が半減してしまいます。
もしdカードGOLD(ゴールド)を作られれる予定がある方やまだ家族カードをお持ち出ない方は、今すぐ家族カードを作成しましょう。

以下に家族カードとdカード GOLD(ゴールド)の差分をまとめました。

dカード GOLDdカード GOLD家族カード
dポイントクラブご優待(10%ポイント還元)
dカードケータイ補償最大10万円補償最大10万円補償
dカードゴールドデスク
dカード GOLD年間ご利用額特典×
海外旅行保険最大1億円最大1億円
海外航空便遅延費用特約、家族特約
国内旅行保険最大5,000万円最大5,000万円
国内航空便遅延費用特約
お買物あんしん保険年間300万円まで年間300万円まで
ラウンジ(空港・その他)
VJデスク(旅のサポート)
海外レンタカー
海外緊急サービス○(無料)○(無料)
この中でとくに家族カードをつくることによる最大のメリットは2つあります。
  1. 家族カード会員も本会員と同じように携帯電話およびドコモ光の携帯電話利用料金から10%(1,000円につき100pt)のdポイントがもらえる。
  2. 家族カード会員も本会員と同じようにdカードGOLD(ゴールド)のケータイ補償を使うことができる。

この2つが家族カードをもつべき最大の理由です。

1枚目は年会費無料なため、つくらない理由がないため今すぐ作成しましょう。

dカードGOLD(ゴールド)

ローソン、ノジマでいつでも5%還元

こちらの特典はdカードGOLD(ゴールド)に限った話ではないのですが、ローソン、ノジマでdカードGOLD(ゴールド)を使うと5%分還元されます。

内訳はdポイントが2%付与、3%が支払い時の還元(引落額からの値引き)となります。

ローソンヘビーユーザであれば、今すぐにでもつくらないと損をしてしまうレベルですのでdカードもしくはdカードGOLD(ゴールド)の作成をおすすめします。

スポンサーリンク

ただし携帯電話のiDで支払い後dポイントカードをわざわざ出すのは面倒だと思います。
dポイントカードには、モバイルdポイントカードがありますので、そちらを使えばスマートです。
以下にモバイルdポイントなど色々なカードをまとめた記事がありますので、ご興味がある方はご確認ください。

dカード特約店で還元率2%超え

dカードには特約店というものがあり、通常のクレジットカードポイントにさらにdポイントが付与されるお店があります。
以下特約店を一覧にまとめましたので、ご確認ください。

会社名支払い方法100円につき付与されるdポイント
ENEOSカード/iD2ポイント
オリックスレンタカーiD6ポイント
JALカード2ポイント
JALパックカード2ポイント
dトラベルカード3ポイント
JTBカード3ポイント
ClubMedカード4ポイント
三越伊勢丹カード2ポイント
髙島屋カード3ポイント
JR名古屋タカシマヤゲートタワーモールカード2ポイント
タワーレコードiD3ポイント
紀伊國屋書店iD2ポイント
AOKIカード3ポイント
コナカカード/iD3ポイント
フタタカード/iD3ポイント
洋服の青山iD2ポイント
THE SUIT COMPANYiD2ポイント
第一園芸カード/iD3ポイント
リンベルカード5ポイント
dカード ポイントUPモールカード1.5ポイント以上
ショップジャパンカード2ポイント
dショッピングカード3ポイント
dfashionカード3ポイント
dデリバリーカード2.5ポイント以上
ドコモオンラインショップカード2ポイント
日経ヴェリタスカード3ポイント
日経ビジネスカード5ポイント
日経ビジネスアソシエカード3ポイント
日経WOMANカード3ポイント
プレジデントカード3ポイント
スターバックス カードカード4ポイント
ドトールバリューカードカード4ポイント
伊達の牛たん本舗カード/iD4ポイント
ジェイアンドジェイiD4ポイント
サカイ引越センターカード4ポイント
ビッグエコーiD3ポイント
東京無線カード/iD2ポイント
チェッカーキャブカード/iD2ポイント
さわやか無線タクシーiD2ポイント

個人的には、スターバックスカード4%還元がとてもオトクだな〜と思っています。

4%還元を受けるためには、マイスターバックス会員になる必要があります。
登録方法は、以下に記載しておりますので、ご確認ください。

なお使い方は簡単で、スターバックスカードをまず購入し、その後マイスターバックスに登録、あとはdカードでスターバックスカードにdカードでチャージすればOKです。

またドコモオンラインショップでも2%還元となっておりますので、ますますドコモショップで購入する意味がないなと感じています。

ドコモオンラインショップ

その他私が実体験したメリット

ここからは私が実体験に基づいて、dカードGOLDを使ってみて、特典以外に良かった部分を記載しております。

クレジットカードの不正利用時も迅速な対応

スキミング被害にあったときのことですがdカードGOLDデスクの対応は最高でした。
具体的には、不正利用が発覚してすぐに返金処理クレジットカードの郵送の対応を行ってくれたことです。

詳細は以下の記事に記載しておりますので、ご覧いただければよりdカードGOLDのファンになると思います。笑

キャンペーンで豪華賞品に当選

dカードGOLDでApple Payを使っているとなんとダイソンの扇風機が当たってしまいました。
dカードGOLDは、様々なキャンペーンを行っています。
当選は一例ではありますが、4万円相当の品が当選する場合もあるととてもオトクなカードだと思いませんか?

詳細は以下の記事に記載しておりますので、ご覧いただければと思います。

dカード GOLD(ゴールド)デメリットは?

dカードGOLDの良い点ばかりを並べてきましたが、ここからはデメリットを記載していきます。
もしこのデメリットを超えてカードをつくるべきだと感じた方はこちらからつくっていただければと思います。

dカードGOLD申し込み

年会費が安くはない

年間費が10,000円+税となっております。
年会費が無料のクレジットカードもあるなか、安くはないでしょう。
ただし前述でも記載しましたが、携帯電話料金10%分が還元されることを考えると、あまり大きなデメリットではないかもしれません。

正直年会費以外は大きなデメリットはありません。
後は、上記に記載した特典がこの年会費を上回ると思うか、下回ると思うかでカードを作るべきか否か判定できると思います。

dカード GOLD(ゴールド)発行のお得なキャンペーン

dカードGOLD(ゴールド)は、オトクなキャンペーンを実施しています。

具体的には、13,000円相当のiDキャッシュバックがプレゼントされます。
これだけでも十分に年会費の元はとれてしまいます。

以下に特典の内容をまとめます。

  • 特典① dカードGOLD(ゴールド)入会で2,000円相当のiDキャッシュバック
    入会すればOKなのでカードをつくるだけで良いです。
  • 特典② 毎月のドコモの携帯電話の支払いをdカード払いに設定で1,000円相当のiDキャッシュバック
    携帯電話の料金をdカード払い設定すればOKです。
  • 特典③ dカードGOLD(ゴールド)入会後翌月までにエントリー&20,000円カード利用で8,000円相当のiDキャッシュバック
    こちらはエントリー&カード利用が必要なため注意が必要です。
  • 特典④ dカードGOLD(ゴールド)入会後翌月までにエントリー&リボ設定で2,000円相当のiDキャッシュバック
    キャッシングリボおよび超えたらリボの設定をすればOKです。
    ただしリボ払いには、デメリットも大きいのでしっかりとリスクを考慮して設定をしてください。

合計すると13,000円のキャッシュバックとなります。オトクです!
なおキャンペーンを適用するには以下から申し込みすればOKです。

dカードGOLD申し込み

まとめ

dカードGOLD(ゴールド)の魅力について余すところなく解説しました。
dカードGOLD(ゴールド)は、ドコモユーザにとっては必須。ドコモユーザ以外もメリットは多数あります。
メリットをまとめると以下となります。

  • ドコモ携帯電話料金およびドコモ光に対してポイント10%還元
  • 利用金額に応じて年1回1万〜2万円相当の年間利用特典がもらえる
  • ケータイ補償が購入から3年間で10万円まで補償される
  • 国内外旅行保険、あんしん買い物保険が適用される
  • 国内28の空港ラウンジを利用できる
  • 家族カード(無料)でも本会員に負けない特典を受けられる

デメリットは年会費が安くないという部分になりますが、それを上回る魅力やキャンペーンがありますので、ぜひ発行してみてください。
dカードGOLD(ゴールド)を所持してオトクに携帯電話をつかっていきましょう!

キャンペーン適用して申し込みを行うには、こちらからどうぞ!

dカードGOLD申し込み

2 件のコメント

    • みんな島さん

      ご無沙汰しております。
      管理人「だー」です。
      コメントありがとうございます。
      dカードGOLDは、メリットが多数ありますのでぜひもう一度つくってみてください。笑
      マイルの方も順調に貯まってきており、もう少し貯まれば家族でハワイにいけそうです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です