みんなドコモ割について解説。割引の対象回線とカウント対象回線は、別なので注意。

2019年6月1日からドコモの新料金プラン「ギガホ」、「ギガホライト」がスタートすると同時に新割引サービスである「みんなドコモ割」がスタートします。
みんなドコモ割は、従来のシェアパックと違い家族にドコモ回線がいると割引が増えていきます。
従来のシェアパックでは、シェアパックにユーザが増えると相対的に一人負担額が減り安くなっていきました。
しかしながら上記は割引額が分かりづらいため、今回こういったわかりやすい割引を導入したのかなと思っております。
今回は、みんなドコモ割の内容と割引の対象回線とカウント回線数に少し差分がありますので、解説したいと思います。

スポンサーリンク

みんなドコモ割とは?

同一「ファミリー割引」グループ内で、条件を満たした回線数に応じて、月額料金を各回線ごとに500〜1,000円割引となります。
ファミリー割引の範囲ですが、三親等以内の親族となっております。
同居・別居を問わず、「ファミリー割引」のグループを組むことができます。

なお割引は、以下のように音声プランの回線数によって新プランの回線毎に割引が適用されます。

  • 同じファミリー割引加入回線に音声回線が2回線 500円割引
  • 同じファミリー割引加入回線に音声回線が3回線以上 1,000円割引

みんなドコモ割の複雑な部分は、割引を受けられる回線と条件を満たす回線が別々のカウントとなる部分です。
なぜ別々になるかといいますと、それぞれで割引を受けられるプランと回線数をカウントするプランが異なるからです。

それではそれぞれについて解説していきます。

みんなドコモ割の対象回線となるための条件

そもそもみんなドコモ割の対象回線というのは、何かと申しますと先程記載した500円または1,000円の割引が適用される回線のことです。

みんなドコモ割の対象回線となるための条件は以下です。

  • ファミリー割引に加入していること
  • ギガホもしくはギガライトの新料金プランに入っていること

なお割引を受ける回線については、別々の請求でも別々の名義でも問題ありません。
もちろん同じ請求、同じ名義でもOKです。

みんなドコモ割のカウント回線となるための条件

みんなドコモ割のカウント回線とは、上記で記載した音声回線と呼ばれる回線で、

  • 同じファミリー割引加入回線に音声回線が2回線 500円割引
  • 同じファミリー割引加入回線に音声回線が3回線以上 1,000円割引

上記の音声回線2回線もしくは3回以上のカウントされる回線数です。
このカウントされる回線数によって新料金プランを使っている回線の割引額が決まります。

以下のプランの回線がファミリー割引内に入っている場合にカウントされます。

  • ギガホ
  • ギガライト
  • ケータイプラン
  • カケホーダイプラン(スマホ/タブ)
  • カケホーダイプラン(スマホ/タブ)【iPhone】
  • カケホーダイプラン(スマホ/タブ)(SIMフリー)
  • カケホーダイプラン(ケータイ)
  • カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)
  • カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)(SIMフリー)
  • カケホーダイライトプラン(ケータイ)
  • シンプルプラン(スマホ)
  • シンプルプラン(ケータイ)
  • タイプXi
  • タイプXiにねん
  • タイプLL
  • タイプL
  • タイプM
  • タイプS
  • タイプSS
  • タイプシンプル
  • タイプリミット
  • タイプビジネス
  • ファミリーワイド
  • ファミリーワイドリミット
  • ファミリーワイド2in1
  • リミットプラス
  • ビジネスプラン
  • FOMAプラン39
  • FOMAプラン49
  • FOMAプラン67
  • FOMAプラン100
  • FOMAプラン150

まとめると2in1、キッズケータイプラス、キッズケータイプランを除く、ドコモが提供している音声通話が可能な全てのプランがカウント対象です。
もちろん対象料金プランを契約している自回線もカウント対象です。
なお、「ずっとドコモ割コース」「フリーコース」、「バリューコース」「ベーシックコース」および定期契約なしの料金プランも対象となっておりますので、ほぼほぼ音声プランすべてといって良いでしょう。

みんなドコモ割の割引額について

みんなドコモ割の割引がくについて以下表にまとめました。
データ量やプランに限らず2回線なら500円、3回線以上ならば1,000円となっております。

プラン名「みんなドコモ割」割引金額()内は割引適用後の月額料金
「ファミリー割引」または「ビジネス通話割引」グループ内の音声回線数
1回線2回線3回線以上
ギガホ
(6,980円)
-500円
(6,480円)
-1,000円
(5,980円)
ギガライトステップ4
<~7GB>

(5,980円)
-500円
(5,480円)
-1,000円
(4,980円)
ステップ3
<~5GB>

(4,980円)
-500円
(4,480円)
-1,000円
(3,980円)
ステップ2
<~3GB>

(3,980円)
-500円
(3,480円)
-1,000円
(2,980円)
ステップ1
<~1GB>

(2,980円)
-500円
(2,480円)
-1,000円
(1,980円)

なおこちらからわかるのは、3回線以上でも割引額がかわらないため、4回線以上契約をしていても割引額はかわりません。
またあくまで対象は音声プランとなっておりますので、データプランでの割引はありません。

スポンサーリンク

みんなドコモ割の対象回線とみんなドコモ割のカウント回線が入り混じったケース

画像引用元 みんなドコモ割 | 料金・割引 | NTTドコモ

公式サイトに良いモデルケースがあったので引用します。

以下に上記図のようになった理由を記載します。

契約者カウント対象理由割引対象理由
カケホーダイプランケータイのため、カウントの対象となる新料金プランではないため、割引にはならない。
新料金プランのため、カウント対象。新料金プランのため割引対象
息子キッズケータイのプランのため、カウント対象とならない。新料金プランではないため、割引にはならない。
新料金プランのため、カウント対象。新料金プランのため割引対象

これらからわかることは、どのプランを使っているかによって変わるという点になります。
少なくとも新料金プランであればすべて該当しますが、おそらく導入初期は、新料金プランと旧料金プラン(シェアパック)が入り混じった契約となります。
どういった状況がオトクかどうか見極める必要があります。

公式サイトに簡易的にシミュレーションをできるツールがありますので、使ってみてください。

料金シミュレーション | 料金・割引 | NTTドコモ

またご自身がどのプランを使われているのかということが重要となってきいますので、Mydocomoからご自身のプランも確認してみると良いです。

My docomoからのお手続きはこちら

ドコモオンラインショップでオトクに購入しよう!

今までドコモショップしか使っていなかった方も今回を期にドコモオンラインショップはいかがでしょうか?
実は、実店舗よりもメリット多数です。

  • 頭金がかからない(高いところは1万円ほどします・・・)
  • 機種変更手数料が0円(ショップや量販店で買うと2,000円〜3,000円かかります・・・)
  • オプション勧誘がない。
  • 待ち時間なしで注文できる。
  • dカード支払いでdポイントが2倍貯まる。
  • 自宅から注文ができ、自宅に届く(送料無料)

よろしければこちらから購入できますので、どうぞ。

ドコモオンラインショップ

dポイントを貯めるには、dカードゴールドがおすすめ

dカード GOLD公式

dポイントを効率的に貯めたいならdカード GOLDがおすすめです。
またdカード GOLDには以下のようなメリットがあります。

  • ドコモ携帯電話料金およびドコモ光に対してポイント10%還元
  • 利用金額に応じて年1回1万〜2万円相当の年間利用特典がもらえる
  • ケータイ補償が購入から3年間で10万円まで補償される
  • 国内外旅行保険、あんしん買い物保険が適用される
  • 国内28の空港ラウンジを利用できる
  • 家族カード(無料)でも本会員に負けない特典を受けられる

dカード GOLDについては、以下の記事に詳しく書いておりますので、よろしければ御覧ください。
オトクです!

まとめ

みんなドコモ割の内容について解説しました。
みんなドコモ割のカウント回線と割引を受けられる回線には差分がありますので、ご注意ください。
とくに導入されて最初は、新旧プランが入り混じった状態となりますので、しっかりとご自身がどのプランを使っているのか把握し、新プランに意向していく必要があります。

みんなドコモ割をしっかりと理解してオトクにドコモの携帯電話をつかっていきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です