ドコモ携帯電話料金の無駄を無くす。料金を安くする4つの方法。

みなさんは、携帯電話の料金が高いと思いませんか?
携帯電話の料金は、家族で2〜3万円ほど払っていませんか?
ただ料金はあまり見直したことがなく、どの部分でお金がかかっているのかわからない。
そんな方はこちらの記事を読んでいただいて安くするポイントを確認いただければと思います。

スポンサーリンク

ドコモの携帯電話料金の無駄を無くす方法

携帯電話の料金を安くするポイントをあげていきます。

といいたいところですが、その前に携帯電話料金の構造について表にまとめます。

項目内容
基本料金携帯電話を使うための基本料金。
シンプルプラン(スマホ)など。
ISPSPモード、moperaなどのインターネット接続料。
パケットパックウルトラパック、ベーシックパックなどのパケット通信料。
ドコモのオプションサービスdTV、dヒッツなどのドコモの月額サービス。
ドコモ以外の月額有料サービス月額のアプリ利用料金や月額のサービスなど。
端末分割料金携帯電話を分割購入した場合の端末購入費。
その他携帯電話合算の支払いd払い、ドコモ払い、アプリの都度課金など。

赤文字の部分が主に携帯電話の料金とオプションサービスの部分となっており、とくに無駄が多い部分となります。
ISPと呼ばれる部分も携帯電話の料金なのですが、節約のしようがありませんので、今回は項目から外します。

それではそれぞれについて解説していきます。

①基本プランを見直す

基本料金の部分で電話の通話料によってプランを変更するとオトクになります。
こちらも通話が少ないのに上位プランになっている方が大勢いますので、見直し必須です!

スマートフォンの場合ですと電話ができるプランは、以下のように3つあります。

  1. シンプルプラン(スマホ)
  2. カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)
  3. カケホーダイプラン(スマホ/タブ)

一番のポイントは、これらの中で自分が最も合うプランを選ぶことがポイントです。
それぞれの特徴を簡単な表でまとめました。

プラン名基本料金通話料特徴
シンプルプラン(スマホ)¥98020円/30秒実費請求
カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)¥1,7005分を超えた通話から
20円/30秒
5分を超えた金額から実費請求
カケホーダイプラン(スマホ/タブ)¥2,700カケホーダイで実費請求無し

この中で最適なプランを選んでいきます。

みていただいてもわかりますが電話をたくさんする方は、カケホーダイプラン(スマホ/タブ)。
電話をほぼしない方が、シンプルプラン(スマホ)です。

個人的にカケホーダイライトプランは、コントロールが難しく気にしながら使わないといけないため、おすすめしません。

業務上電話をたくさんする方以外は、シンプルプラン(スマホ)で良いでしょう。

なお通話する時間単位でどのプランが良いかの目安が知りたい方は以下の記事を見てみてください。

②パケットパックを見直す

パケット通信料いわゆるデータ通信量に料金部分になります。
こちらも月々のデータ量によってプランをしっかりと見直すことで削減が見込めます。

以下にパケットパックの一覧をまとめます。
なお今回はシェアパックのみ記載しております。

パケットパックデータ量月額料金
ベーシックシェアパック<ステップ1>
5GB
¥6,500
<ステップ2>
10GB
¥9,000
<ステップ3>
15GB
¥12,000
<ステップ4>
30GB
¥15,000
ウルトラシェアパック3030GB¥13,500
ウルトラシェアパック5050GB¥16,000
ウルトラシェアパック100100GB¥25,000

上記を見ていただくとわかりますが、毎月どの程度自分が使っているのかを確認し、それにあったプランを申し込むとオトクです。

使用量が30GB以下の方は、ベーシックシェアパックを使えば問題ありません。
ただしベーシックシェアパックは、30GBまで自動的にステップアップしてしまいますので、ユーザごとに使えるデータ量を設定しておくと良いでしょう。

ベーシックシェアパックについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください。

スポンサーリンク

なおデータ量の確認は、Mydocomoから確認できますので、一度確認してみると良いです。

マイドコモ

③ドコモのオプションサービスを見直す

ドコモのオプションサービスは、必要な方はそのままで良いのですが不要な方は今すぐに外した方が良いです!
ちなみに以下一例ですが、これくらいドコモのサービスはありますので、もし全部つけたまま忘れているとかなりのロスとなります。

サービス名価格(税込)
dTV¥540
dTVチャンネル¥843
dヒッツ¥540
dマガジン¥432
dアニメストア¥432
dキッズ¥401
dグルメ¥432
dヘルスケア¥540
dリビング¥486
dフォト¥302
dエンジョイパス¥540
ひかりTV for docomo¥2,700

なお昨今ドコモのサービスを購入時につけたことが問題視されておりますが、、やはり自分で解約をしっかりとしていくことが大事です。

以下はNTTドコモOBの夏野氏のツイートですが、ニュースになるほど取りあげられております。

④ドコモ以外の月額サービスを見直す

こちらもドコモショップによっては、購入時にオプションを提案され、つけているパターンがあります。
とくにMNPなどで割引で購入した場合に多いのではないでしょうか?

以下に解約方法と確認方法の説明が詳しく書いてありますので、ご参照ください。

spモード決済・解約方法は | スマホお悩みサポートメニュー

携帯電話料金のプラン変更は、Mydocomoから

忙しくてドコモショップに行く暇がない。
ドコモショップに行っても長時間待たされるから行きたくない。

そんな方は、Mydocomoから手続きをしてしまいましょう!

マイドコモ

スマホからも手続きができますので、さくっと終わらせてしまいましょう。

この手続をするだけで劇的に携帯電話の料金が変わる可能性があります。
面倒臭がらずにしっかりと現状を確認し、適切なプランに見直しましょう!

携帯電話の購入はドコモオンラインショップがおすすめ

今回のキャンペーンももちろんですが、ドコモオンラインショップは、実店舗と比較してもメリット多数です!

  • 頭金がかからない(高いところは1万円ほどします・・・)
  • 機種変更手数料が0円(ショップや量販店で買うと2,000円〜3,000円かかります・・・)
  • オプション勧誘がない。
  • 待ち時間なしで注文できる。
  • dカード支払いでdポイントが2倍貯まる。
  • 自宅から注文ができ、自宅に届く(送料無料)

なおドコモオンラインショップの購入はこちらからどうぞ。

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップでポイント2倍のdカードゴールドがおすすめ

dカード GOLD公式

dポイントを効率的に貯めたいならdカード GOLDがおすすめです。
dカード GOLDには以下のようなメリットがあります。

  • ドコモ携帯電話料金およびドコモ光に対してポイント10%還元
  • 利用金額に応じて年1回1万〜2万円相当の年間利用特典がもらえる
  • ケータイ補償が購入から3年間で10万円まで補償される
  • 国内外旅行保険、あんしん買い物保険が適用される
  • 国内28の空港ラウンジを利用できる
  • 家族カード(無料)でも本会員に負けない特典を受けられる
  • ドコモオンラインショップでの支払いでポイント2倍

dカード GOLDについては、以下の記事に詳しく書いておりますので、よろしければ御覧ください。
オトクです!

まとめ

ドコモの携帯電話の無駄を無くす方法について解説しました。
見直しのポイントは以下です。

  1. 基本料金
  2. パケットパック
  3. ドコモのオプションサービス
  4. ドコモ以外の月額有料サービス

これらをしっかりと見直せば、携帯電話料金の無駄はなくなります。
携帯電話料金の見直しを行ってオトクに携帯電話をつかっちゃいましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です