ドコモの音声プランについてどれが一番オトクか比較。最適なプランを選んで通信費を削減しよう。

最近、家族内の通話やLINE、Face Timeなど無料で電話をできるものが多くなってきました。
しかしながら病院や保育園、幼稚園、小学校など固定電話にどうしても電話をしなければならないときがあると思います。
そういった中で今更感がありますが、どれぐらい電話をしたらどのプランが一番良いのか、自分の疑問にも答えるために比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

ドコモの音声プランについて

ドコモのスマートフォンの音声プランは、3つあります。
それぞれについて解説していきます。

カケホーダイプラン(スマホ/タブ)

カケホーダイプラン(スマホ/タブ)について以下の表にまとめます。

月額基本使用料2年定期契約あり2,700円
2年定期契約なし4,200円
国内通話料ドコモ携帯電話宛無料
他社携帯電話
固定電話宛など
データ通信料パケットパック加入データ通信利用量に合わせてパケットパックを選択
パケットパック未加入Xi 0.6円/KB
FOMA 0.08円/パケット
SMS送信料SMS(国内)3円(3.24円)/回〜、受信 無料
国際SMS50円/回〜、受信 無料

参考 カケホーダイプラン(スマホ/タブ) | 料金・割引 | NTTドコモ

特徴的な部分は、ドコモ携帯電話宛はもちろんのこと、他社携帯電話や固定電話などの通話料が無料となるところです。
ただし0570などのナビダイヤルは対象外となりますので、ご注意ください。

また基本使用料は、他のプランと比較して2,700円と高めに設定をされています。

まとめますと通話料は無料だが、基本使用料が高いプランで通話が多い方に有利なプランということがわかります。

カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)

カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)について以下の表にまとめます。

月額基本使用料2年定期契約あり1,700円
2年定期契約なし3,200円
国内通話料ドコモ携帯電話宛5分以内:無料
5分超過分:20円/30秒
他社携帯電話
固定電話宛など
データ通信料パケットパック加入データ通信利用量に合わせてパケットパックを選択
SMS送信料SMS(国内)3円/回〜、受信 無料
国際SMS50円/回〜、受信 無料

参考 カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ) | 料金・割引 | NTTドコモ

特徴的な部分は、5分以内であればドコモ携帯電話宛はもちろんのこと、他社携帯電話や固定電話などの通話料が無料となるところです。
ただし5分以内であっても0570などのナビダイヤルは対象外となりますので、ご注意ください。

また基本料金がカケホーダイプランと比較すると安いです。

まとめますと5分以内であればカケホーダイかつ基本料金も安いため、一番使い勝手は難しいが上手くつかえば最もオトクかもしれないプランであることがわかります。

シンプルプラン

シンプルプランについて以下の表にまとめます。

スポンサーリンク

月額基本使用料2年定期契約あり980円
2年定期契約なし2,480円
国内通話料ドコモ携帯電話宛国内通話20円/30秒
他社携帯電話
固定電話宛など
データ通信料パケットパック加入データ通信利用量に合わせてパケットパックを選択
SMS送信料SMS(国内)3円/回〜、受信 無料
国際SMS50円/回〜、受信 無料

参考 シンプルプラン(スマホ) | 料金・割引 | NTTドコモ

特徴的な部分は、通話がすべて従量制となります。
名前の通りとてもシンプルで、使った分だけ払うというプランです。

基本料金は、3つのプランの中で最も安いです。

まとめると通話が少ない方が最もオトクなプランです。

通話時間別にどのプランがオトクか比較

通話時間別に何分つかうといくらになるのか表にまとめました。
なお基本使用料は、2年定期契約前提で計算をしております。

とくに注目すべき部分を赤色にしています。

通話(分)カケホーダイカケホーダイライトシンプル
0¥2,700¥1,700¥980
5¥2,700¥1,700¥1,180
10¥2,700¥1,900¥1,380
15¥2,700¥2,100¥1,580
18¥2,700¥2,220¥1,700
20¥2,700¥2,300¥1,780
25¥2,700¥2,500¥1,980
30¥2,700¥2,700¥2,180
35¥2,700¥2,900¥2,380
40¥2,700¥3,100¥2,580
43¥2,700¥3,220¥2,700
45¥2,700¥3,300¥2,780

こちらの表をプラン別に比較すると以下のことが言えそうです。

カケホーダイとカケホーダイライトを比較

通話時間で30分が分岐点となりそうです。

  • 連続して30分間よりも多く通話をする場合は、カケホーダイの方がオトクです。
  • 通話無料時間が5分なため、5分以上の通話を25分より多くするとカケホーダイの方がオトクになります。

カケホーダイライトとシンプルプランを比較

通話時間18分が分岐点となりそうです。

  • カケホーダイライトで5分以内通話を18分より多く実施する場合は、カケホーダイライトの方がオトクです。
    例えば、5分の通話を1月に3回実施するという方は間違いなくオトクです。
  • 逆に5分以内通話が18分よりも少ない場合は、シンプルプランの方がオトクになります。

カケホーダイとシンプルプランを比較

通話時間43分が分岐点となりそうです。

  • シンプルプランで合計の通話時間が合計43分を超える場合は、カケホーダイプランにしましょう。
    43分未満の場合は、シンプルプランにしましょう。

利用者別おすすめプランまとめ

先程のプラン別に比較したものをすべてまとめると以下となります。

  • カケホーダイプランが良い方
    5分以上の通話を25分より多くするかつ1ヶ月に43分以上通話を行う方。
  • カケホーダイライトプランが良い方
    5分以内通話を18分より多く実施するかつ5分以上の通話を25分より多くしない方。
  • シンプルプランが良い方
    1ヶ月の通話時間が43分以内かつ5分以内通話を18分未満の方。

プラン変更はドコモショップではなく、Mydocomoからやろう

音声プランの変更は、Mydocomoから実施できます。
ドコモショップにいって長時間待つなんてナンセンスですので、ぜひ以下から実施してみてください。

なお自分が現在通話にいくらつかっているかもMydocomoから確認することもできますので、ぜひ見てみてください。

マイドコモ

ドコモユーザならdカードGOLDがおすすめ

dカードGOLDは、ドコモユーザならかかせません。
月々の携帯料金10%のdポイントが貯まるため、ドコモユーザなら必須のカードです。

dカードGOLDについては、以下の記事に詳しく書いておりますので、よろしければ御覧ください。
オトクです!

まとめ

ドコモの音声プランでどれぐらい電話をしたらどのプランが一番良いのか比較を実施しました。
比較した結果を以下にまとめます。

  • カケホーダイプランが良い方
    5分以上の通話を25分より多くするかつ1ヶ月に43分以上通話を行う方。
  • カケホーダイライトプランが良い方
    5分以内通話を18分より多く実施するかつ5分以上の通話を25分より多くしない方。
  • シンプルプランが良い方
    1ヶ月の通話時間が43分以内かつ5分以内通話を18分未満の方。

少しややこしくなってしまいましたが、上記の数値を参考にしながらプランを選んでいただければ幸いです。
音声通話プランをしっかりと理解してオトクに携帯電話を使っていきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です