ドコモ子育て応援プログラム2人目は、どの回線につけるべきか検討してみた。

ついに我が家にも2人目の子供が誕生しようとしています。
そこで2人目のドコモ子育て応援プログラムをオトクに申し込むためには、どの回線で申し込みをすればいいのか調べてみましたので、紹介します。

スポンサーリンク

そもそものドコモ子育て応援プログラムについては、こちらの記事を見ていただければ参考になるかと思います。

我が家の家族構成

まずは我が家の家族構成を記載します。

  • 子供 1人+1人(もうすぐ産まれる)

ということで今回は、このもうすぐ産まれる子の子育て応援プログラムをどの回線につけるべきか検討をしています。

契約状況

我が家の現状の契約状況を記載します。

  • 妻 ドコモ子育て応援プログラム加入回線
  • 私 ドコモ子育て応援プログラム未加入回線

妻か私のどちらの回線に(ドコモ子育て応援プログラムを加入している回線か、そうでない回線か)子育て応援プログラムを加入させるべきかということをそれぞれメリット・デメリット検討してみました。

ちなみにドコモ子育て応援プログラムは、1回線につき10名まで登録することができます。

参考:ドコモ 子育て応援プログラム会員規約より

パターン別に検討

以下2つのパターンをそれぞれ検討してみました。

子育て応援プログラム加入回線にさらに2人目を登録した場合

私の家の場合は、妻の回線(子育て応援プログラム加入回線)に加入させたパターンです。

メリット

  • 管理が楽
    2つに分けるとどっちの回線にどの子供がついていたかなど管理がわかり辛いです。
  • どちらかの回線解約時に再度契約が不要
    2つの回線に分けると、どちらか片方解約した場合に再度契約が必要となります。
  • 1つのdアカウントにポイントが貯まる
    家族で支払いをまとめておらず、それぞれdポイントを貯めている方は、片方にポイントを寄せることができます。
  • フォトコレクションやクラウド容量オプションなど期間限定で無料のサービスの無料期間終了時に1回線のみ解約で良い。

デメリット

まとめると管理面では楽になりますが、オトク度は下がってしまいます。
無料期間がいつまでなどをあまり管理できない方はこちらが良いでしょう。

ちなみにクラウド容量とフォトコレクションについては、それぞれこちらをご参照下さい。

クラウド容量オプション

dフォト

子育て応援プログラム未加入回線に登録をした場合

私の家の場合は、私の回線(子育て応援プログラム未加入回線)に追加したパターンです。

メリット

  • キャンペーン時に応募が2口となる。
  • クラウド容量オプションが2回線使える。
  • フォトコレクションが2回線使える。

デメリット

  • フォトコレクションやクラウド容量オプションなど期間限定で無料のサービスの無料期間終了時に2回線それぞれで実施する必要がある。
  • 上記を忘れると月々追加での支払いとなる。

まとめると無料のサービスの無料期間などをしっかり管理ができ、少しでもオトクに使いたい方はこちらがおすすめでしょう。

スポンサーリンク

結局どちらを選んだ?

私は結局のところ私に産まれる子供を加入させることにしました。
なので、妻と私それぞれがドコモ子育て応援プログラム加入回線となります。

理由は、やはり手間はかかっても最大限オトクに使いたいという点が最も大きいです。
キャンペーンも当選するかは不明ですが、1口応募よりは2口の方が当然当選しやすいですしね。

ドコモ子育て応援プログラムの簡単な申し込み方法は?

ドコモ子育て応援プログラムは、WEBから申し込みができるようになりました。
こちらの記事に申し込み方法の詳細を記載しておりますので、よろしければどうぞ。

dポイントを貯めるには、dカードゴールドがおすすめ

dポイントを効率的に貯めたいならdカード GOLDがおすすめです。
またdカード GOLDには以下のようなメリットがあります。

  • ドコモ携帯電話料金およびドコモ光に対してポイント10%還元
  • 利用金額に応じて年1回1万〜2万円相当の年間利用特典がもらえる
  • ケータイ補償が購入から3年間で10万円まで補償される
  • 国内外旅行保険、あんしん買い物保険が適用される
  • 国内28の空港ラウンジを利用できる
  • 家族カード(無料)でも本会員に負けない特典を受けられる

dカード GOLDについては、以下の記事に詳しく書いておりますので、よろしければ御覧ください。
オトクです!

まとめ

ドコモ子育て応援プログラムについて、2人目の子供をどの回線につけるべきか検討しました。
検討の結果、ドコモ子育て応援プログラムを加入していない回線に2人目の子供を加入させることがオトクだとわかりました。
とくにキャンペーンが2口応募できるところに惹かれました。

貰えるポイント数は、変わりませんがぜひそれぞれの回線に子供を加入させオトクに子育て応援プログラムをつかっていきましょう!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です