Kyashポイントについて解説。2%キャシュバックから1%ポイント付与へ変更。QUICPayも対象外へ。

2019年10月1日よりKyashのポイントプログラムが開始されます。
同時に2%キャッシュバックも終了し、還元率の面では改悪となります。
今回は、Kyashのポイントサービスについて解説いたします。

スポンサーリンク

Kyashポイントプログラムとは?

2019年10月1日より、ポイントプログラム「Kyashポイント」が開始します。
Kyashポイントとは、Kyashを使って決済をすると0.5%もしくは、1%のポイントがリアルタイムで付与されます。
なおリアルカードとバーチャルカードで還元率が異なります。

  • リアルカード 1%還元
  • バーチャルカード 0.5%還元

リアルカードを発行しないと還元率が半減するので、かなり損ですね・・・

ちなみにKyashの発行方法や使い方については、以下の記事にまとめておりますので、ご参照ください。

Kyashポイントの特徴

Kyashポイントの特徴を以下に記載します。

  • リアルカードで決済すると100円につき1ポイント付与
    オンラインでも実店舗でも1%還元のVisaカード
  • リアルタイムでポイントが貯まる!
    決済すると即時にポイントが付与される。
    売上確定と同時にポイントが確定される。
  • ポイントは、Kyashにチャージして使う。
    決済および送金の両方に1ポイント(1円)単位で利用可能。

リアルタイムで還元されるのはかなり良いですね。
またポイントは、決済はもちろんのこと送金にも使えますので、ほぼ現金と同様に使えますね。

Kyashポイントの対象外取引について

まだKyashポイントが始まっているわけではないので、確定ではないのですが、
現状の2%還元の対象外と同様であると想定し、Kyashポイントの対象外取引について以下に記載します。

  • お買い物キャンセルとなった決済
    ※キャンセルが月またぎの場合は次月相殺いたします
  • カード有効性チェックでの減算
  • 前払式支払手段(第三者型)の購入、チャージ
    WAON/nanaco/楽天Edy/Vプリカ/Suicaなど
  • 寄付の支払い
  • 各種税金、ふるさと納税の支払い
  • 年金の支払い
  • Yahoo!公金支払い
  • 金券、商品券や有価証券等の現金同等物の購入
    また金券、商品券や有価証券等の現金同等物を販売しているサイトでの購入

    • 郵便局の販売サイト
    • 造幣局の販売サイト
  • ガソリンスタンドの支払い
  • ホテルの宿泊費
  • レンタカーの利用料金
  • 3Dセキュア導入サイトの支払い
  • 航空機のチケットや機内販売
  • 定期的な支払いのあるサービス
    公共料金/電話料金/衛星放送・CATV視聴料/インターネットプロバイダー利用料/WiMAXサービス利用料/新聞購読料(電子版含む)/保険料/レンタルサーバ/ウオーターサーバ定額サービス/通信教育/各種月会費など
  • 高速道路通行料金(有人ブース)での支払い
  • 個人間送金
  • QUICPayによる決済

なおQUICPayによる決済は、2%還元の場合は対象となっておりましたが、今回新たに対象外と明記されました。

対象外は多いものの、コンビニやスーパーなどは使えますので、食費や消耗品を購入するには良いですね。

Kyashの2%還元は終了

Kyashポイントプログラム開始に伴い、2019年9月末でKyashの2%還元が終了します。
今までは利用月の翌月末に2%のキャッシュバックが、Kyash残高にチャージをされていました。

ちなみに2%キャッシュバックは、以下のようにメールで周知されます。

いつもKyashをご利用いただきありがとうございます。

2019年X月にご利用いただいた金額に対して、2%をキャッシュバックさせていただきました。

キャッシュバックの詳細は以下になります。

対象期間
2019年XX月XX日〜2019年XX月XX日

対象となる取引
バーチャルカードによる決済
リアルカードによる決済
バーチャル/リアルカードを登録したQUICPayによる決済

算出方法
1回の決済ごとに2%を乗じて算出いたします。
2%を乗じて1円未満は切り捨てになります。

*その他対象外となる取引等の詳細につきましては、こちらのヘルプページをご確認ください。

キャッシュバックされたKyash残高は、付与後の決済/送金で消費されます。

全国のVisa加盟店、またはQUICPay+対応店舗でのお支払い*にご利用ください。

*Android (バージョン6.1.5以上の おサイフケータイに対応した端末)で利用できます

キャッシュバック金額は、Kyashアプリの履歴タブから確認できます。

今月のご利用分のキャッシュバックは2019年X月末を予定しております。

今後ともKyashをよろしくお願いいたします。

ポイントプログラムは、即時反映でポイントがもらえますので、このようなメールはないと思われます。

しかしながら2%キャッシュバックが終了するのは痛いですね・・・

スポンサーリンク

Kyash2%終了後も使い続ける価値はあるのか?

これは間違いなくあります。

今までは1%の還元率のクレジットカードを利用した場合の還元率は、以下でした。

2%(Kyashキャッシュバック) + 1%(クレジットカードの還元率) = 3%

今後は以下となります。

1%(Kyashポイント) + 1%(クレジットカードの還元率) = 2%

1%還元率は減るものの依然として1%分はオトクになりますので、まだまだ使い続ける価値はあります!

Kyashは、キャッシュレス・消費者還元ポイントの対象カード

10月1日より、キャッシュレス・消費者還元事業がスタートしますが、Kyashも対象となっており、対象期間中に対象加盟店で決済すると、5%または2%のポイント還元が受けられます。
Kyashをご利用いただいた場合は、通常のKyashポイントに加えて、さらに5%または2%の消費者還元ポイントが上乗せされます。

イメージは以下の通りです。

よってKyashリアルカード + 1%還元のクレジットカード + キャスレス・消費者還元事業対象加盟店での買い物を実施すると以下のように還元されます。

1%(Kyashポイント) + 1%(クレジットカードの還元率) + 5%(キャスレス・消費者還元事業対象加盟店での買い物) = 7%

オトクにKyashリアルカードを発行する方法

すぐたまを経由して申し込みを行うとなんと200円分のポイントがもらえます!
さらに以下から登録していただき発行かつポイント交換をするとさらにポイントがもらえます!
よろしければ以下から登録いただき発行していただければと思います。

すぐたま 期間限定 ここから登録で600mile(300円相当)GET!

Kyashに使うと高還元なクレジットカード

還元率を意識される方ならばリクルートカードがおすすめです。

通常のクレジットカードは1%還元で高還元カードとなりますが、リクルートカードはなんと1.2%還元のカードとなります。

ちなみに以下から申し込みを行うとリクルートポイントが6000ptもらえますので、ぜひ申し込んでみて下さい!

recruit-card.jp

まとめ

Kyashポイントについて解説しました。
まだアナウンスがあったばかりで、不明な部分も多いですが、2%還元から1%還元に変更になった部分の衝撃は大きいですね。QUICPay利用での還元もなくなりますし・・・
ただし即時でポイント反映になった点やKyashが増税の還元のカードに入っている点は嬉しいですね。

また1%といえどもまだまだメリットは大きいので引き続き利用していくと良いと思います。

Kyashをオトクに使って、生活用品を買っていきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です