還元率最強カード!Kyashリアルカードが届きました。申し込み方法から初期設定方法、還元率をさらに上げる方法まで解説。

みなさんは、Kyashというプリペイドカードをご存知でしょうか?
私は、PayPayのキャンペーンでKyashを通じてチャージをするととてもオトクになるカードがあるということで知りました。
Kyashは色々と制限があるものの現状のカードの中では最強の還元率になります。
今回は、Kyashのリアルカードを発行し実際に使ってみましたので、ご紹介します。
なおKyashの概要についてもご紹介いたします。

スポンサーリンク

Kyashとは?

Kyashとは、株式会社Kyashが発行するプリペイド式のカードです。
Kyashは、Visa加盟店での支払いと個人間送金の2つの機能をもつカードです。

大きな特徴として以下のようなものがあります。

  • 発行に本人確認手続きがない。
  • 未成年も親の同意の上発行ができる。
  • 支払い時に2%還元される。
  • 1円単位で送金ができる。

なおKyashには、バーチャルカードと呼ばれるカード本体がなく、スマートフォンアプリ上に仮想的につくられるカードとVISAカードとしてカード本体があるリアルカードの2種類があります。

それではこの2種類のカードの詳細について記載します。

Kyashバーチャルカードの概要

Kyashのバーチャルカードはカード自体は所持することなく上記の画像のような仮想的につくられるカードです。

Kyashのバーチャルカードについて以下まとめました。

年会費無料
還元率2%
残高保有上限額1000万円
送金の利用上限金額
  • 5万円以下/回
  • 10万円以下/1ヶ月
  • 送金可能人数 1人/回
  • 請求可能人数 10人/回
決済の利用上限金額
  • 3万円/24時間
  • 12万円/1ヶ月
利用場所オンライン決済のみ
チャージ方法
  • Visa, Mastercardブランドのついたクレジットカードまたはデビットカード
  • コンビニチャージ・セブン銀行ATMチャージ・銀行ATM(ペイジー)チャージ

バーチャルカードは決済利用上限金額が24時間で3万円以下となっておりますので、ご注意ください。
また実際にカードを持っているわけではありませんので、街のお店では使えません。
あくまでネットショッピング専用カードとなっております。

なお以下のような方はリアルカードの発行をしてください!

  • ネットショッピングだけでなく、街のお店でも使いたい!
  • 3万円じゃ足りない!もっと使いたい!

なお圧倒的にリアルカードを持った方が使える場所が多くなるかつ使える金額も大きくなるためオトクです!
私は間違いなくリアルカードの発行をおすすめします!

Kyashリアルカードの概要

KyashのリアルカードはVisaカードを実際に所持します。
上記がKyashリアルカードです。

Kyashのリアルカードについて以下まとめました。

年会費無料
還元率2%
残高保有上限額1000万円
送金の利用上限金額
  • 5万円以下/回
  • 10万円以下/1ヶ月
  • 送金可能人数 1人/回
  • 請求可能人数 10人/回
決済の利用上限金額
  • 5万円/24時間
  • 12万円/1ヶ月
  • 100万円/5年
利用場所Visaカード加盟店
チャージ方法
  • Visa, Mastercardブランドのついたクレジットカードまたはデビットカード
  • コンビニチャージ・セブン銀行ATMチャージ・銀行ATM(ペイジー)チャージ
有効期限5年

バーチャルカードと比較すると24時間あたりの決済額が5万円にアップしていることと街のお店でも使えるようになっておりますので、たくさん使いたいという方にとっては圧倒的にオトクです!

ただしKyashにも2%還元とならなかったり、そもそも決済ができないものもありますので、次項にてまとめます。

Kyashの2%還元対象外の購入・支払いついて

以下の場合はKyashでの2%還元対処外の購入・支払いとなります。

  • お買い物キャンセルとなった決済
    ※キャンセルが月またぎの場合は次月相殺いたします
  • カード有効性チェックでの減算
  • 前払式支払手段(第三者型)の購入、チャージ
    WAON/nanaco/楽天Edy/Vプリカなど
  • モバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
    ※1回につき6,000円以上のご利用分は対象となります
  • Google Pay経由によるモバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
    ※1回につき6,000円以上のご利用分は対象となります
  • 寄付の支払い
  • 各種税金、ふるさと納税の支払い
  • 年金の支払い
  • Yahoo!公金支払い
  • 金券、商品券や有価証券等の現金同等物の購入
    また金券、商品券や有価証券等の現金同等物を販売しているサイトでの購入

    • 郵便局の販売サイト
    • 造幣局の販売サイト
  • ガソリンスタンドの支払い
  • ホテルの宿泊費
  • レンタカーの利用料金
  • 3Dセキュア導入サイトの支払い
  • 航空機のチケットや機内販売
  • 定期的な支払いのあるサービス
    公共料金/電話料金/衛星放送・CATV視聴料/インターネットプロバイダー利用料/WiMAXサービス利用料/新聞購読料(電子版含む)/保険料/レンタルサーバ/ウオーターサーバ定額サービス/通信教育/各種月会費など
  • 高速道路通行料金(有人ブース)での支払い
  • 個人間送金

色々と制約がありますが、大抵のVISA加盟店ならば使えますので問題ありません。
Suicaも6,000円以上チャージすれば2%還元の対象となりますので、オトクですね。

ただし税金や公共料金などの定期的に支払いのあるサービスに対しては適用できませんのでご注意ください。

Kyashの申し込み方法

Kyashの申し込み方法を記載します。
なおKyashにはリアルカードとバーチャルカードがありますので、それぞれ記載します。

Kyashバーチャルカードの申し込み方法

Kyashバーチャルカードの申し込み方法を記載しますが、その前にまずは登録の前に以下が必要となりますので、ご用意ください。

  • メールアドレスもしくはFacebookアカウント
  • SMSが受信できる携帯電話の番号
  • Kyashアプリ対応の携帯電話

準備ができましたらKyashバーチャルカードの申し込み方法を記載します。

  1. アプリをダウンロードする
    まずはアプリを携帯電話にダウンロードします。
    以下からダウンロードできますので、対象のストアからダウンロードしてください。
     
  2. アプリを開き登録する
    左下図赤枠のFacebookアカウントもしくは、メールアドレスで始めるを選択します。
    次に右下図の会員登録にて、本名、ユーザ名、メールアドレス、パスワードを入力し、赤枠次へを選択します。
  3. 生年月日、電話番号の入力をする。
    生年月日と電話番号を入力します。
    なおこのときに設定した電話番号にSMSが届きますので、SMSが受信できる電話番号を設定してください。
  4. SMSを受信し暗証番号を入力
    SMSが届きますので暗証番号を入力してください。
  5. バーチャルカードの発行
    SMSの暗証番号入力後、左下図のバーチャルカードを選択します。
    なおリアルカードもともと申し込みをしようと思っていた方も一旦バーチャルカードを申し込んだあとにリアルカードを発行することをおすすめします。
    リアルカードの発行までの間バーチャルカードの利用ができるためです。
    発行後右下図のOKを押せば完了です。
  6. バーチャルカード発行後の本人確認
    バーチャルカード発行後、以下のような本人確認メールが登録したメールアドレスにきますので、しっかりと認証をしておきましょう。
    メール上の「認証する」をクリックすれば完了です!
    なお認証の有効期限は24時間となりますので、放置しないようにしましょう!

    Kyash
    だー様

    Kyashにご登録いただきありがとうございます。
    下記のボタンからメール認証を完了させてください。
    ※認証の有効期限は24時間です。

    認証する
    本メールは送信専用のメールアドレスから自動送信されています。
    このメールに心あたりがない場合や、ご不明点等がございましたら cs@kyash.co までお問い合わせください。
    www.kyash.co
    FacebookTwitter

以上でバーチャルカードの発行は完了となります。
設定後すぐに使えるようになりますので、とても手軽に簡単に発行できちゃいます!

Kyashリアルカードの申し込み方法

Kyashリアルカードの申し込み方法を記載します。
なおすでにバーチャルカードの発行をした前提で記載いたします。

  1. アプリから申し込みを行う
    アプリを起動し右下画面の左上の「+」を選択します。
    その後右下図の画面でリアルカードの発行を選択します。
  2. 必要事項を記入する。
    郵送で届きますので、住所等の情報を入力すれば完了です。
    なお現在申し込みが殺到しているため、到着まで20日程度かかるようです。

なお上記はアプリから申し込みを行う方法ですが、ネットからも申し込みが可能です。
アプリからの方が簡単なのですが、実はネットから申し込みをした方がオトクです。

ということで次項にオトクに申し込む方法を記載します。

オトクにKyashリアルカードを発行する方法

ライフメディアを経由して申し込みを行うとなんと300円分のポイントがもらえます!
さらに以下から登録していただき発行かつポイント交換をするとさらに500円分のポイントがもらえます!
なおライフメディアのポイントはKyashに直接チャージができますので、すぐに利用できますね。

よろしければ以下から登録いただき発行していただければと思います。

ライフメディア

ライフメディアへ無料登録

Kyashリアルカードを実際に発行してみた

実際にKyashリアルカードを発行してみました!
上記のような封筒が届きます。

なお申込みから到着まで14日かかりました!
20日と言われていましたので、少し早く届きました。

中身は以下の通りで、シンプルにカードだけが入っています。

実は、よしすぐ使えるといいたいところですが、Kyashリアルカードを使うためには、初期設定が必要です。
次項で初期設定について記載します。

使えるようになるまでもう一息です。笑

Kyashリアルカードの到着後の初期設定(有効化の方法)

Kyashリアルカードの有効化手順について記載します。

  1. アプリから設定
    アプリを開き、左下図の右上「+」を選択します。
    右下図のリアルカードの発行を選択します。
  2. カード情報の入力
    赤枠「リアルカードの有効化」を選択します。
    カード番号、有効期限、セキュリティコードを送られてきたカードを参照しながら入力し、赤枠「次へ」を選択します。
  3. Kyashリアルカードの有効化完了
    バーチャルカードを発行している場合は、左下図のようにカード情報が変更となります。
    右下図のような画面がでたら完了です!

これでリアルカードが使えるようになります!
お疲れ様でした!

スポンサーリンク

Kyashの利用方法

Kyashの利用方法について記載します。
なお利用方法は大きく分けて4つありますのでそれらについて解説します。

  1. Kyashのチャージ方法
  2. Kyashでの支払い方法
  3. Kyashでの個人間送金
  4. Kyashでの個人間請求

ちなみに私は、チャージ支払いはもちろんですが、個人間送金もよく使っています。
まわりにKyashを使っている人がいて成り立つものになってしまいますが、ランチの割り勘や飲み会の請求など個人間送金はとても便利です。

とくに1円単位でも割り勘ができる点は、金額請求をする場合もとても便利です!

Kyashのチャージ方法について

まずはKyashを使うためのチャージ方法について記載します。
チャージ方法は全部で4つあります。

  1. クレジットカードまたはデビットカードによるチャージ方法
  2. コンビニでのチャージ方法
  3. セブン銀行ATMでのチャージ方法
  4. 銀行ATM(ペイジー)でのチャージ方法

なおこの中でおすすめは、クレジットカードによるチャージ方法が最もおすすめですので、ぜひクレジットカードでチャージして使ってください!

クレジットカードまたはデビットカードによるチャージ方法

  1. クレジットカードまたはデビットカードの登録を行う
    左下図赤枠の「カード」を選択します。
    右下図赤枠「クレジットまたはデビットカードを登録」を選択します。
  2. カード情報の入力
    カード番号、カードの名義、有効期限、セキュリティコードを入力して登録を選択します。
    ウォレット画面に戻り、自動チャージ設定を選択します。
  3. 自動チャージの設定
    先ほど登録したカードを選択します。
    選択後自動チャージに設定を選択すれば完了です。

なおカードで自動チャージを設定しておけば、能動的にチャージする必要はありません。
決済をした場合に同額が引き落としされます。

また上記の手順で登録カードの変更もできますので、一度登録して違うカードを使いたい場合は、同じ手順を実施すればOKです。

コンビニでのチャージ方法

  1. アプリでチャージ申請をする。
    ウォレット画面のコンビ二を選択します。
    チャージ金額と名前を入力し、赤枠「チャージ申請」を選択します。
  2. コンビニ端末で申請書を発券。
    コンビニに行ってコンビニ端末にて申請書を発券します。
  3. レジで支払う。
    申請書を持ちレジで金額を支払います。
  4. チャージ完了。

セブン銀行ATMでのチャージ方法

  1. セブン銀行ATMに向かう
    まずは近くのセブンイレブンを探して、セブン銀行ATMの前に立ちます。
  2. セブン銀行ATMでの操作
    ATM画面「スマートフォンでの取引」を選択しQRコードを表示させる。
  3. アプリにてQRコードを読み込む
    ウォレット画面の赤枠「セブン銀行ATM」を選択します。
    赤枠「QRコードをスキャン」を選択し、ATMに表示されたQRコードを読み込みます。
  4. ATMに入金する。
    ATMの画面に従い入金すれば完了です。

銀行ATM(ペイジー)でのチャージ方法

  1. アプリにてチャージ申請
    ウォレット画面の赤枠「銀行ATM(ペイジー)」を選択します。
    チャージ金額および名前を入力し、赤枠「チャージ申請」を選択します。
  2. 銀行ATMにて払込手続き
  3. チャージ完了

Kyashでの支払い方法について

Visa加盟店にてKyashを取り出し、カードで支払いたいという旨を伝えるだけです。
なおプリペイドカードでなど色々いうとややこしくなる場合がありますので、カードでと伝えるだけOKです。

ただし暗証番号による支払いはできませんので、ご注意ください。
サインは自分の名前でOKです。

Kyashでの個人間送金方法について

Kyashでの個人間送金の方法について記載します。

  1. 送金画面に移動
    ウォレット画面の送金を選択します。
    次に相手を選ぶ選択します。
  2. 送金相手の選択
    送金相手を選びます。
    ID・名前検索、QRコードから相手を探すことができます。
    またKyashを使っている友達ならばFacebookやアドレス帳からも調べることができます。
    送金相手が決定したら選択をしましょう。
    選択後金額を入力し、スライドして送金すれば完了です。

Kyashは決済時の2%還元の部分ばかり取り上げられますが、この個人間送金がとても便利です。

Kyashでの個人間請求方法について

Kyashには支払う機能もあれば請求する機能もあります。
Kyashでの個人間請求機能について記載します。

  1. 請求画面に移動する
    請求を選択します。
    相手を選びます。
  2. 請求相手の選択
    請求相手を選びます。
    ID・名前検索、QRコードから相手を探すことができます。
    またKyashを使っている友達ならばFacebookやアドレス帳からも調べることができます。
    送金相手が決定したら選択をしましょう。
    なお最大10人まで選択ができます。
    選択後金額を入力し、請求を選択すれば完了です。

この請求がまた便利で、飲み会の集金などはKyashを使うと非常に便利です。

Kyashリアルカードでさらに還元率を上げる方法(3重取りも!)

ここからはさらにKyashの還元率を上げる方法を記載します。

スポンサーリンク

バーコード決済のチャージにKyashを使う

バーコード決済のチャージにKyashを使います。
具体的には、以下のサービスの登録クレジットカードにKyashを選択すればOKです。

そうすると以下のようにポイントが3重取りできます。
クレジットカードのポイントが1%、バーコード決済の還元率が0.5%の場合

クレジットカードのポイント(1%)+Kyash(2%)+バーコード決済(0.5%)= 3.5%還元!

以下はKyashが利用可能で私がおすすすめなバーコード決済サービスです。

  • 楽天Pay
  • Origami Pay
  • PayPay

Origami Payは2%還元となるお店も多いのでかなりおすすめです!
以下に記事をまとめています。

PayPayも使えるお店が多いのでおすすめです!
以下に記事をまとめています。

ちなみにd払いなどの3Dセキュア対応のクレジットしか登録ができないサービスは利用できません

非接触型決済(ICチップ)を使ったKyashの便利な使い方

ここからは還元率があがるわけではありませんが、非接触型決済(ICチップ)を利用した便利な使い方をご紹介します。

SuicaのチャージにKyashを使う

モバイルSuicaのチャージに、Kyashを使うととても便利でオトクです!
電車代も2%OFFになりますね。
ただしオートチャージはできませんので、ご注意ください。
チャージ上限も2万円までとなります。

またビックカメラも通常クレジットカードで支払うと2%ビックカメラのポイントが減ってしまいますが、Suica決済ならばポイントが減ることなく満額ビックカメラのポイントがもらえます。

なおビックカメラでさらにポイントをもらう方法については、以下の記事を見ていただければと思います。

QuicPayでKyashを使う

こちらはGooglePay対応の携帯電話のみとなります。
GooglePayを使ってKyashをQuicPayのカードとして登録することができます。

こちらはQuicPayなのでチャージ不要です。
Androidユーザはオトクですね!

Kyashはロックもできてセキュリティも安心

実はKyashは使っていないときにロックをアプリ上からかけることができます。
以下がロックの手順となります。

  1. 詳細画面からロック
    詳細を選択します。
    ロックを選択します。
  2. ロック完了
    以下の画面がでればロック完了です。
    決済不可となりますので、ご注意ください。

こういったアプリですぐロックができると不正利用などをされたときなど便利ですね。
また普段使わないときはロックしておくというのも良いかもしれませんね。

ちなみに私はクレジットカードの不正利用にあったことがありますので、セキュリティに関してとても気にしています。
以下に私がクレジットカードの不正利用にあった体験記がありますので、よろしければ御覧ください。

まとめ

Kyashについてリアルカードを発行し、Kyashの使い方や注意点、オトクな使い方についてご紹介しました。
やはり使うだけで還元率2%というのはとてもオトクです。

また還元率をさらに上げて使いたい場合は、バーコード決済を使うとさらに還元率を上げることができますので使ってみてください。

Kyashはメリット多数ですので、ぜひ発行していただきオトクに使っていきましょう!

Kyashリアルカードの発行は、ライフメディアを使うとオトクです!

ライフメディア

ライフメディアへ無料登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です