ドコモ2年縛りの契約満了月に解約金なしで解約可に。しかしユーザーにメリットがほぼない理由。

2019年3月からドコモの定期契約プランの解約金がかからない期間に24ヶ月目の契約満了月が追加されます。
今までは、契約満了月の翌月と翌々月ならば解約金なしに解約できましたが、新たに追加され計3ヶ月となります。
一見ユーザには、とてもメリットがありそうに見えますが、実はユーザにほぼメリットがありません。
今回は、携帯電話の解約月の変更点とユーザにほぼメリットがない理由について解説します。

スポンサーリンク

ドコモ2年縛りの変更点について

画像参照元 報道発表資料 : 2年定期契約などの解約金がかからない期間を延長 | お知らせ | NTTドコモ

定期契約プラン(2年縛り)の解約可能月が2ヶ月から3ヶ月に増加します。
具体的な変更前後の違いは以下の通りです。

変更前変更後
定期契約満了月の翌月と翌々月
(2か月間)
定期契約満了月の当月、翌月、翌々月
(3か月間)

つまり契約から24ヶ月目も解約金がかからない期間に今回から含まれます。

なお対象プランは以下となります。

  1. スマートフォン・携帯電話など

    1. 料金プラン
      カケホーダイプラン、カケホーダイライトプラン®、シンプルプラン、データプラン、キッズケータイプラス®、デバイスプラス®500、タイプXi にねん®、Xiデータプラン® フラット にねん、Xiデータプラン ライト にねん®、Xiデータプラン2 にねん、Xiデータプラン にねん®、IoTプラン、IoTプランHS®
    2. 割引サービス
      ファミ割MAX50®、ひとりでも割50®、(新)いちねん割引、いちねん割引、定額データスタンダード割®2、定額データ128K割®、定額データスタンダード割、定額データ割®、お便りフォトプラン®割、ビジネス割50、オフィス割MAX50®、トランシーバ割、LTEトランシーバ割、ひかりTV for docomo 2年割
  2. ドコモ光

    1. 料金プラン
      ドコモ光 戸建・タイプA、ドコモ光 戸建・タイプB、ドコモ光 戸建・単独タイプ、ドコモ光 ミニ(戸建・単独タイプ)、ドコモ光 マンション・タイプA、ドコモ光 マンション・タイプB、ドコモ光 マンション・単独タイプ、ドコモ光 戸建・タイプC、ドコモ光 マンション・タイプC

基本的には、通常の2年契約で使われている皆様はすべて該当します。
よってほぼすべてのドコモユーザーに影響がある変更となります。

適用開始月とユーザは以下の通りです。

  • 適用対象
    2019年3月に定期契約が満了を迎える方

一見1ヶ月短くなりとても良くなったように見えますが、実はユーザにはほぼメリットがありません。
次項でその内容について説明します。

解約金がかからない月に契約満了月が入っても月々サポート利用ユーザにメリットがない理由

ずばりですが、月々サポートの割引を満額利用するためには25ヶ月以上使う必要があるためです。

月々サポートの割引は、携帯電話購入日の翌月から24ヶ月間となります。
よって月々サポートの満額を受けるためには、25ヶ月かかるということがわかります。

月々サポートが終了となる条件には以下のようなものがあります。

  1. 新たな機種をご購入された場合:事象が発生した翌月以降のご利用料金より割引終了。

    新たな機種のご購入を伴わず、次の②~⑥の事象が発生した場合:事象が発生した月以降のご利用料金より割引終了。

  2. 解約または電話番号保管がなされた場合
  3. 「2in1」のBナンバーとしてご利用になる場合
  4. 当社指定の「パケットパック/シェアオプション/パケット定額サービス/定額データプラン」の廃止または廃止予約、当社指定の「パケットパック/シェアオプション/パケット定額サービス/定額データプラン」以外へ変更または変更予約をお申込みされた場合
  5. FOMAからXiまたは、XiからFOMAへ契約変更された場合
  6. 当社指定の「基本プラン」の廃止または廃止予約、当社指定の「基本プラン」以外への変更または変更予約をお申込みされた場合(2014年9月以降に発売されたXi機種を2015年9月1日(火曜)以降にご購入の場合のみ)

よって今回変更となった契約満了月に解約をしてしまうと、月々サポートが満額受けられなくなってしまいます。
ちなみにiPhone XSの月々サポートは「-2,457円/月」となりますので、1ヶ月分の月々サポートをまるまる捨ててしまうことになります。

スポンサーリンク

なおこういった解約月を意識するユーザというのは、MNPを繰り返していたり新規契約をする場合のユーザが多いため、上記のパターンに当てはまりやすく、メリットがないという結論となります。

メリットがないというものの長中期ユーザでMNPを検討している方やドコモ光の変更を行いたいユーザならメリットあり

メリットがないというものの以下のようなユーザならメリットがあります。

  • 長中期ユーザでMNPや解約を検討している方
  • ドコモ光の解約を検討している方

ドコモ光のユーザで引っ越しなどで解約するタイミングが増える点は良いですね。
それ意外はとくにメリットがないように思えますね。

携帯電話の購入はドコモオンラインショップがおすすめ

今回のキャンペーンももちろんですが、ドコモオンラインショップは、実店舗と比較してもメリット多数です!

  • 頭金がかからない(高いところは1万円ほどします・・・)
  • 機種変更手数料が0円(ショップや量販店で買うと2,000円〜3,000円かかります・・・)
  • オプション勧誘がない。
  • 待ち時間なしで注文できる。
  • dカード支払いでdポイントが2倍貯まる。
  • 自宅から注文ができ、自宅に届く(送料無料)

またドコモオンラインショップは期間限定でキャンペーンを行っており、ドコモオンラインショップで購入すると5,184円の割引もしくは、dポイントがもらえます。

内容については、以下の記事にまとめておりますので、よろしければご覧ください。

30代、賢く生きることを目指すブログ。
30代、賢く生きることを目指すブログ。

なおドコモオンラインショップの購入はこちらからどうぞ。

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップでポイント2倍のdカードゴールドがおすすめ

dカード GOLD公式

dポイントを効率的に貯めたいならdカード GOLDがおすすめです。
dカード GOLDには以下のようなメリットがあります。

  • ドコモ携帯電話料金およびドコモ光に対してポイント10%還元
  • 利用金額に応じて年1回1万〜2万円相当の年間利用特典がもらえる
  • ケータイ補償が購入から3年間で10万円まで補償される
  • 国内外旅行保険、あんしん買い物保険が適用される
  • 国内28の空港ラウンジを利用できる
  • 家族カード(無料)でも本会員に負けない特典を受けられる
  • ドコモオンラインショップでの支払いでポイント2倍

dカード GOLDについては、以下の記事に詳しく書いておりますので、よろしければ御覧ください。
オトクです!

まとめ

ドコモ2年縛りの変更点について解説しました。
2年縛りが変更になったとしても、月々サポートの満了月とアンマッチとなるためメリットはほぼないです。
ただしドコモ光の解約を検討している方や中長期ユーザで月々サポートの期間と契約満了期間が重ならない方ならメリットありです。
ただし今回の変更によってデメリットはありませんので、少しはマシになったように見えますがそこまで大きな変更ではありません。

キャリアの料金プランは複雑になっていく一方ですので、本記事がみなさんのお力になれば幸いです。
料金プランについてしっかりと理解してオトクに携帯電話をつかっていきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です