ドコモの新決済d払いについて詳細解説。ポイント三重取り?も。

2018年1月17日にドコモの新決済サービス「d払い」が発表されました。
d払いは、スマホでバーコードやQRコードを表示し、レジで読み取ることで決済が完了するサービスです。
ドコモの決済サービスでは、iDやApple Payなどがありますが、またそれとは違ったメリットがありますのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

d払いとは?

d払いは、ドコモが提供するキャリア決済サービスです。

公式サイトはこちら。

d払い

サービスの開始は、2017年4月を予定しています。
最大の特徴はiDなどで用いられているFelicaを使わずにバーコードやQRコードを使って決済をする部分です。
よってd払いは、ドコモのおサイフケータイを持っていなくても使えるサービスとなり、スマホを持っていれば使えます。
ただしアプリが対応している端末である必要はあります。

それではd払いの特徴をみていきましょう。

スマホに表示させたQRコードやバーコードで決済を行う

QRコードやバーコードを表示して支払いができます。
クレジットカードを持ちたくない方やおサイフケータイ対応端末を持っていない方、iPhone6s以前のiPhoneを使っていらっしゃる方などは、便利になります。

また未成年などでクレジットカードを持てない方の支払いも、d払いを使えば便利でdポイントやクレジットカードのポイントの取りこぼしがありませんね。

支払いは携帯電話の料金(dアカウント)と合算して支払う

d払いの支払いは、使った分だけ携帯電話の料金と合算して支払いが行われます。
クレジットカードを持っていない方はメリットが大きいですね。

なおd払いは、携帯電話の合算支払いだけでなく、dアカウントに紐付いたクレジットカードでの支払いも可能となっておりますので、ドコモのスマートフォンを持っていない方もd払いを使うことができます。
よってd払いは、キャリアフリーのサービスとなりますので、ドコモユーザー以外にもメリットが大きそうですね。
ただしドコモのスマートフォンをお持ち出ない方は別途クレジットカードが必要となります。

支払い時にdポイントが貯まる

支払い時に以下のdポイントが貯まります。

  • 街のお店
    200円(税込み)1pt  還元率0.5%
  • インターネットのお店
    200円(税込み)1pt  還元率1%

対応機種

対応機種は、iPhone、iPadとAndroidのタブレット・スマートフォンです。普通の携帯電話(ガラケー)は対象外です。
なおOSは、以下よりも新しい必要がある予定です。

  • Android OS 5.0以上
  • iOS 10.1以上

多少古い機種も対応しそうですね。
またクレジットカードによるd払いをご利用の方は、ドコモのスマートフォンである必要はありません。

d払いの使い方

アプリをインストールして、初期設定後バーコードを提示するだけです。
まだ詳細は、開示されておりませんので、開示後追記したいと思います。

使えるお店

加盟店は、インターネットと街のお店があります。
なお街のお店は4月移行に対応予定ですが、インターネットのお店は、基本的にdケータイ払い+からの引き続きとなります。

加盟店 街のお店(予定)

以下の店舗について順次対応予定です。

店舗名対応時期備考
ローソン2018年夏~秋頃予定dポイント加盟店
ナチュラルローソン
ローソンストア100
マツモトキヨシ2018年度中予定dポイント加盟店
サツドラおよび北海道くらし百貨店2018年秋頃予定dポイント加盟店
髙島屋2018年4月予定dポイント加盟店
タワーレコードdポイント加盟店
koe
ツルハドラッグ2018年春予定
くすりの福太郎
ウォンツ
ドラッグストアウェルネス
レデイ薬局
ユナイテッドアローズ2018年4月予定
ビューティ&ユース
グリーンレーベル リラクシング
アーバンリサーチURBAN RESEARCH SENSE OF PLACEの一部店舗にて開始
ウエルシア薬局2018年夏予定
ハックドラッグ
ダックス
ハッピードラッグ

加盟店 インターネットのお店

dケータイ払い+が使えるお店ならば、利用可能です。
よく使われるところでいいますと、「メルカリ」、「無印良品」、「ABCマート」、「nojima」といったところでしょうか。

使えるお店の注意点

d払い加盟店とdポイント加盟店は、別物になります。
dポイント加盟店だからd払いが使えるということやその逆もしかりというわけではありませんのでご注意下さい。

スポンサーリンク

メリット

d払いのメリットを以下にまとめます。

ポイントの二重取り、三重取り?も可能

d払い加盟店では、以下のようにポイントの二重取りが可能になると思われます。

  • クレジットカードのポイント + dポイント(d払い決済分)

 

d払い加盟店かつdポイント加盟店の場合は、三重取り?になると思われます。

  • クレジットカードのポイント + dポイント(d払い決済分) + dポイント(dポイントカード提示分)

 

クレジットカードの還元率が1%で街のd払い加盟店かつdポイント加盟店で買い物をしたとすると

  • 1% + 0.5% + 1% = 2.5%の還元率になります!

クレジットカードがない方も利用可能

クレジットカードを持っていない方も利用できますので、未成年やクレジットカードを持つことができない方も利用可能です。
なおクレジットカードを使わない場合は、ドコモのスマートフォンを持っていることが必須となります。

キャッシュレス

小銭を持たなくていいのは、とても便利です。
とくにコンビニなどの小額決済に有用です。

おサイフケータイ等を使うことにハードルがある方は、クレジットカードを発行することにハードルがあったり、セキュリティ面での不安がある方が多いかと思います。
そういった面では、クレジットカードも必要なく、スマホの画面ロックをかけておけばほぼセキュリティ的には十分かと思われますので、オススメです。

デメリット

以下デメリットをまとめます。

アプリが増える

アプリをインストールいなければ使えませんので、こちらはどうしようもありません。
ただアプリひとつくらいたいした容量じゃないと思います。

明細の合計だけでは、携帯料金とそれ以外の区別がつかなくなる

これは完全に私事ですが、携帯電話の料金をマネーフォワードなどで管理をしており携帯電話の料金と合算して支払いとなるとどれだけ携帯電話を使ったのかが見えにくくなります。

ただしd払いを携帯電話と合算での支払いではなく、クレジットカードによる決済を選択すれば問題はなさそうですね。

今後に期待

d払いは、おサイフケータイなどの機械を設置するコストが導入店舗には必要ありません。
iPadやスマホがあれば決済が可能となるでしょう。

よってこれまでクレジットカード決済ができなかった店舗などに広がる可能性がありますので、ぜひ今後展開をお願いしたいです。
ただし楽天Payなどライバルも多いので、それらとの差別化をはかる必要もあります。
いずれにせよ消費者にとっては、オトクかつ便利になること間違いなしなので、がんばっていただきたいです。

d払いのおトクなキャンペーン

d払いのオトクなキャンペーンはこちらに記載しておりますので、よろしければご覧ください。

おトクなキャンペーン一覧|dポイントがたまるスマホ決済!d払い / ドコモ払い

Amazon利用時にd払いを使うとdポイントが追加で付与されたり、土曜日にd払いを行うと追加でポイントが付与されたりとおトクな特典がある場合もありますので、ご確認ください。
なお上記のようなキャンペーンは稀に行われており、エントリーが必要なため確実におさえておきましょう!

dポイントを貯めるには、dカードゴールドがおすすめ

dポイントを効率的に貯めたいならdカードGOLDがおすすめです。
d払いと一緒に使うことでdポイントがより貯まること間違いなしです。
またdカードGOLDには以下のようなメリットがあります。

  • ドコモ携帯電話料金およびドコモ光に対してポイント10%還元
  • 利用金額に応じて年1回1万〜2万円相当の年間利用特典がもらえる
  • ケータイ補償が購入から3年間で10万円まで補償される
  • 国内外旅行保険、あんしん買い物保険が適用される
  • 国内28の空港ラウンジを利用できる
  • 家族カード(無料)でも本会員に負けない特典を受けられる

dカードGOLDについては、以下の記事に詳しく書いておりますので、よろしければ御覧ください。
オトクです!

まとめ

d払いについて詳細をご紹介しました。
d払いの最大のメリットは、ポイントが二重取り、三重取り?できる点です。
d払いが利用可能な店舗につては積極的に利用し、おトクにdポイントを貯めていきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください