iPhoneも使える2018年ドコモの学割について詳しく解説。docomo withとの比較も。

2017年12月19日にドコモの学割が発表されましたので、内容ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

学割が適用される本人がオトクになるのは当然ですが、同じシェアパックを組んでいるユーザも特典がありますので、もし対象者がいましたら確実に申し込みを行いましょう。

また同じ割引額のドコモの学割とdocomo withの比較も行ってみました。

ドコモ学割概要

特典は2つあります。

  • 月額利用料金が、1年間毎月1,500円割引となります。(正確には、契約月日割り+1年)
  • 「ドコモの学割 」対象の方のシェアグループ内のユーザ全員に、dポイント(期間・用途限定)を3,000ポイントをプレゼントされます。

2つめの特典は、大家族にとっては、オトクですね〜。
またシェアパックのユーザ全員ということで、自分の親や兄弟などでシェアグループに入れている方は特にオトクですね。
場合によっては、数万dポイントもらえるのではないでしょうか。

対象者と条件(割引)

対象者と契約条件は以下を全て満たす方です。

  • 25歳以下であること。
  • Xi新規契約(MNP含む)、契約変更(FOMA→Xi)、「カケホーダイ&パケあえる」へのプラン変更のいずれかの手続きの申し込みをすること。
  • SPモードを契約していること。
  • 対象パケットパックに加入していることもしくは、シェアオプションに加入していること。
    対象パケットパックは以下です。
    「データSパック(2GB)」「データMパック(5GB)」「ウルトラデータLパック(20GB)」「ウルトラデータLLパック(30GB)」「シェアパック5(5GB)」「シェアパック10(10GB)」「シェアパック15(15GB)」「ウルトラシェアパック30(30GB)」「ウルトラシェアパック50(50GB)」「ウルトラシェアパック100(100GB)」

新規契約もしくは、契約変更が対象ということで、既存ユーザで恩恵を受けるのは難しそうですね。

またSPモードの契約が必須ということですので、0円の寝かし運用もできなさそうですね。ちなみに同じ1500円割引のdocomo withを使った0円運用方法は、こちらの記事を見ていただければと思います。

対象者(dポイント)

dポイントがもらえるユーザの条件は以下を全て満たす方となります。

  • 学割を申し込んだユーザもしくは、そのシェアグループ内のユーザであること。
  • 基本プランが「カケホーダイプラン」「カケホーダイライトプラン」「シンプルプラン」「キッズケータイプラス」のいずれかであること。
  • dポイントクラブ会員であること。

データプランをお使いの回線は、対象外になりますので注意が必要です。

学割ユーザが1人加入するだけで、シェアグループ内全員にdポイントが3,000ptもらえますので、大きいですね。
やはり一番最初に使う携帯会社として選んでもらうことが、のちのちずっと使ってくれる確率が高いということなんでしょうね。

月額の最低利用料金

ドコモの学割を使ったときの最低維持費を以下にまとめます。

項目金額
シンプルプラン(スマホ)¥980
Xiシェアオプション¥500
spモード¥300
ユニバーサルサービス料¥3
ドコモの学割¥-1,500
消費税¥23
合計¥306

合計すると¥306での運用となります。
安いですね。

さらに月々サポートが入ってくるとより安くなります。

docomo withとドコモの学割を比較

docomo withとドコモの学割は、同じ¥1,500割引ですので比較してみました。

項目ドコモの学割docomo with
対象機種どの機種でもOK(docomo with端末を除く)docomo with 端末のみ
申し込み方法新規、もしくは契約変更docomo with端末の購入
割引期間1年永年
最低維持費¥306¥3
ISP必須有無必須必須ではない
その他dポイントがもらえるなし

比較してみると色々と差分があることがわかります。

ドコモの学割の良い点は、どの機種でもOKな点とdポイントがもらえるところです。

docomo withの良い点は、spモードの契約は不要なので、最低維持費を抑えられるのと割引の期間が永年なところです。

なおドコモの学割とdocomo withの併用は不可となります。

スポンサーリンク

公式HPの記載は紛らわしい(マニアックなので読み飛ばしていただいても大丈夫です)

ドコモの学割は月々サポートが併用できるため、その分端末代金が安くなるように記載されています。

f:id:wsgfy9:20171223221925p:plain

参照:ドコモの学割 | 料金・割引 | NTTドコモ

しかしながらドコモの学割や月々サポートは、分割購入した場合の機種代金を割り引くことはありません。

これは嘘じゃないかと思うかもしれませんが、嘘というわけでもありません。

どっちだよという話かもしれませんが、正確には、シェアパックの代表回線が月々サポートのマイナス分の恩恵を受けます。

iPhone8の例ですと子回線は、機種代金の全額を払い、シェアパック代表回線が残りの月々サポート分の割引となりトータルで安くなるという構図になります。
以下に例を記載します。
なおユニバーサルサービス料は除いて算出をしています。
また前提としてシェアパック代表回線は、月サポなし機種分割代金なしとしています。

項目シェアパック代表回線 iPhone8 学割
シンプルプラン(スマホ)¥980¥980
Xiシェアオプション¥500
spモード¥300¥300
シェアパック(5GB)¥6,500
機種分割代金¥0¥3,425
ドコモの学割-¥1,500
月々サポート-¥1,945-¥280
消費税¥467¥274
支払い額¥6,302¥3,699

上記の表のようにドコモの学割と月々サポートを併用すると学割のiPhone8は、月々サポートが¥280しか適用されませんが、シェアパックの代表回線に¥1,945適用されます。

ちなみにiphone8の月々サポートは、¥2,225です。

上記の例の場合だとトータルで払う金額が変わらないため問題ありません。

ただしシェアパックの代表回線がゴールド会員の場合は、10%のdポイント付与が割引分減ります。

またシェアパックの代表回線が、月々サポートもりもりですでに支払い合計が0円となっている場合はこれ以上割引ができないため、月々サポートの割引分は消滅します。

もう少し詳しく知りたい方は、こちらの記事を見ていただればシェアパックと月々サポートを使った料金削減について理解しやすいかと思います。

申し込み方法

2017年12月27日(水)から申込みができます。
もし25歳以下の方で購入を検討している方は、2017年12月27日(水)まで待った方が良いです。

なお基本的には、携帯電話を購入するときに適用条件を満たしていれば自動的にドコモの学割が適用されます。
もし心配であれば、ドコモショップで聞いてみるとより安心かと思います。

なお新規で携帯電話を購入する場合は、ご家族紹介キャンペーンを使いましょう。
dポイントが1万ptもらえます。
詳細はこちらの記事に記載しています。

学割で携帯電話を購入するならオンラインショップがおすすめ

docomo withのスマホを購入する場合、たいていの方は、ドコモショップに行くと思います。
ドコモショップは実は、頭金という店舗独自の追加料金や機種変更の手数料がかかるため、実はドコモオンラインショップが安いです。

よろしければこちらから購入できますので、こちらからどうぞ

ドコモオンラインショップ

dポイントを貯めるには、dカードゴールドがおすすめ

dポイントを効率的に貯めたいならdカード GOLDがおすすめです。
またdカード GOLDには以下のようなメリットがあります。

  • ドコモ携帯電話料金およびドコモ光に対してポイント10%還元
  • 利用金額に応じて年1回1万〜2万円相当の年間利用特典がもらえる
  • ケータイ補償が購入から3年間で10万円まで補償される
  • 国内外旅行保険、あんしん買い物保険が適用される
  • 国内28の空港ラウンジを利用できる
  • 家族カード(無料)でも本会員に負けない特典を受けられる

dカード GOLDについては、以下の記事に詳しく書いておりますので、よろしければ御覧ください。
オトクです!

まとめ

ドコモの学割についてご紹介しました。

月額¥1,500割引が1年続くのは大きいです。
条件さえ満たせば、申し込みなどは不要ですので、ぜひ条件を満たしてみましょう。
またdocomo withとドコモの学割も比較しましたが、それぞれ良い点があります。

  • 寝かし運用を考えている方は、docomo withを使いましょう。
  • 通常で使う方は、ドコモの学割でdポイントをもらいましょう。

結局のところ普通に携帯電話を使う場合、ドコモの学割が使える方は、ドコモの学割を使ってdocomo withが使える方はdocomo withを使うで問題ありません。

ドコモ学割を使ってオトクに携帯電話を使っていきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です