シェアパックを使って月額料金を0円にする方法

ドコモのシェアパック契約者は、ある方法を使えば月額0円にできます。
え0円?MVNOよりよっぽど安いじゃないか嘘だろ。と思うかもしれませんが、賢く携帯電話を使いたい方はこの方法を使えばMVNOよりもオトクに使うことができます。
今回はその方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

前提条件

下記の条件に当てはまらないとできません。

  • シェアパックの親回線であることもしくは、シェアパックの分割請求オプションに入っている回線であること。
    (要するにシェアパックのパケットの支払いをしている回線であること)
  • 契約回線数が上限じゃないこと。
  • シェアパック加入回線数が上限じゃないこと。

おそらくシェアのグループを家族で組んでいる方ならほとんどの人が当てはまると思います。

具体的な方法

月々サポートがある携帯電話を新たに契約し、新たに契約した回線の月々サポート超過分を他のシェアパックのパケット支払い回線に補填します。
かなりわかり辛いと思いますので、例を示してご説明したいと思います。

・現状の契約状況の例

項目親回線子回線1子回線2
シンプルプラン¥1,058¥1,058¥1,058
シェアパック5(小容量)¥7,020
シェアオプション¥540¥540
SPモード¥324¥324¥324
ユニバーサルサービス料¥3¥3¥3
月々サポート¥-3,483¥-3,483¥-3,483
eビリング¥-20¥-3¥-3
回線単位の月額料金¥4,922¥-1,561¥-1,561
請求額合計(回線単位の月額料金合計)¥1,800

・0円にする契約状況の例子回線の月々サポートがマイナスになっており、親回線の回線料金が安くなっているのがわかります。これを利用します。
なお子回線のeビリング分は、ユニバーサルサービス料以外0円のため-¥3のみ適用となっています。
これでも十分安いのですが、ここからさらに安くするために2回線増やす裏技をつかってみます。

項目親回線子回線(4回線)
シンプルプラン¥1,058¥1,058 ✕ 4
シェアパック5(小容量)¥7,020
シェアオプション¥540 ✕ 4
SPモード¥324¥324 ✕ 4
ユニバーサルサービス料¥3¥3 ✕ 4
月々サポート¥-3,483¥-3,483 ✕ 4
eビリング¥-20¥-3 ✕ 4
月額料金¥4,922¥-6,244
請求額合計(回線単位の月額料金合計)¥0

なお注意点ですがユニバーサルサービス料は、月々サポートの割引対象外となりますが、eビリングの割引で0円になります。
寝かし回線を複数準備することで月々サポートを分け合い、親回線の請求金額を0円にするということです。

スポンサーリンク

また分割請求オプションを組んでいる場合も、一括請求のグループと分割請求オプションの両方に入っている回線単位で月サポが分け合えますので、同じことができます。

おすすめの案件

どのような案件を使えば実際に0円を目指すことができるのか紹介します。
MNPができる回線があれば、一括0円で大きい月々サポートがついた案件が多くありますが、普通の方はそのようなMNPができる回線などもっていないと思います。
よって私の場合は、機種変更もしくは新規一括で割引となっているかつ月サポがつく案件を狙います。
下記のような案件の場合、月サポ料金よりも維持費が小さくなっているため親回線を安くすることができます。

 

もしMNPが可能な契約がある方は以下のような案件がおすすめです。

ただしこの場合端末代金がかかっているので、その分お金がかかるのではと思うかもしれませんが、端末は売ってしまえば少しマイナスもしくは同じくらいの金額となりますので問題ありません。

ただし2回線では難しいので、もっと回線数は増やす必要があります。
またドコモで新規契約を実施する場合は、一度に2回線までしかできませんので0円にするためには、少し時間がかかります。

実際に購入してみました

Galaxy Note8(SC-01K)の案件がありましたので、実際に購入してみました。
シェアパック代表回線が月々¥2,560安くなりオトクです!

www.d-wisely.com

おわりに

0円にする方法を紹介しました。実現するにはいくつか条件がありますが、案件さえ見つけてしまえば後は契約するのみですので、そこまでハードルは高くありません。
ぜひオトクに携帯電話をつかってみましょう!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です