電気料金の誤請求発生。原因は、スマートメーターへの取替だった・・・

先日電気料金がとんでもない金額になっていました。
普段ほとんど使っていないのに明らかに電気代が高くなっていたため、すぐに電力会社に電話をしてみたところ電気料金を誤って請求されていることがわかりました。
電気料金を誤って請求されて少し嫌な気持ちになりましたが、結果として超過分は返金をされてほっとしています。

スポンサーリンク

電気料金が普段より明らかにおかしいと思われた方は、諦めてはだめです。しっかりと問い合わせをしましょう。
また電気料金を誤って請求されて困っている方のためになるかもしれませんので、内容を記事にしてみようと思います。

契約会社と内容

契約している電力会社と契約の内容は以下です。

  • 契約会社 北陸電力
  • 契約内容 低圧電力
  • 電力容量 6kVA

電力料金の基本料金および料金単価は以下です。

料金の区分単位料金単価(円)
基本料金1kVA1144.8
電力料金
夏季料金1kWh11.93
その他季料金1kWh10.89

ちなみに低圧電力を使っているのは、我が家ではエアコンのみになります。

突然の請求金額

普段通りインターネットから請求金額を確認していると仰天の金額が出てきました・・・

  • 電力使用量 1,162kWh
  • 請求金額 23,761円

はい。個人的にはありえない金額です。笑

ちなみに前月の使用量と請求金額は以下です。

  • 電力使用量 26kWh
  • 請求金額 7,579円

前月の実績を考えると明らかに金額が増えているかつ使用量もとても大きくなっていますので、これはおかしいと思いまず自分で調べてみることにしました。

自身で調べてみた結果

まずは前月と当月の使用状況と何か前月との違いがないか調べてみました。

使用状況

前月はエアコンをほぼつけていませんでしたが、当月は7月に入ってからほぼ毎日つけています。
よって使用頻度は格段にあがっていると言えます。

しかしながら電力量の増加が1,000kWh以上あることから、自分の使い方だと1ヶ月間24時間エアコンを使い続けても到達できないほどの電力量なため、さすがに使いすぎはなさそうです。

前月と当月で何か変わったことはないか?

何か変更した部分はないか考えてみました。

電力の増加と直接的な原因ではないかもしれませんが、スマートメータに変更したことを思い出しました。
そこで請求書を再度細かく見てみることにしました。

以下が請求書の一部になります。

スポンサーリンク

こちらを見てみると、取替使用量というものだけで1,010kwhも使っていることがわかりました。

そもそも取替使用量というものがそもそも何かわからなかったのですが、何かスマートメータに変更したときにメータが変になったのかな?と疑いつつ、取替使用量が何か電力会社に確認してみました。

電力会社とのやりとり

まずは、電力会社に電話をしてみました。
取替使用量は何かと質問したところ、取替使用量というのは、スマートメータに取り替える前の電気メータの数値であるとこのことでした。

やはりスマートメータ関係だと確信したところで、前月と比較して数値が大きすぎるので、スマートメータへの取り替え時に値を見間違えているのではないかと聞いてみました。

オペレータの方もたしかに値が急に大きくなっているため、実際にメータを取り替えた営業所含めて調査させて欲しいとのことでしたので、その場は回答待ちで一度電話を切りました。

次の日に実際に取り替えを行った営業所から電話があり、調査をしたいため数日お時間をいただきたいと再度連絡をもらいました。
そのときにどれくらい日数がかかるのかとききましたが、明確に何日間という回答はもらえませんでした。

またその次の日に再度営業所から電話があり、スマートメータの読み間違いがあったことを告げられました・・・
どうも1000kWh多く読み間違ったとのことでした。

後日以下のような謝罪の文章と請求金額が届きました。

結局のところ請求金額および電力使用量は以下となりました!

  • 電力使用量 162kWh
  • 請求金額 9,611円

ちなみに電力会社とのやりとりの時系列は以下の通りです。

  • 7/17 請求金額がおかしい旨を伝える。
  • 7/18 担当者より電話があり調査する旨を聞く。
  • 7/19 調査した結果、スマートメータへの取り替え時のメータ見誤りとわかる。
  • 7/20 請求金額について伝えられる。
  • 7/26 郵便物が届き、請求金額が確定する。

ということで約1週間程度で、調査が完了しましたのでとても迅速に実施いただけたなと思っています。

電力会社も間違えることはある!変だと思ったら泣き寝入りせず問い合わせを

今回の教訓は、やはり電力会社側も間違えることはあるのだなと思いました。
とくに今回は、スマートメータへの変更も重なり慣れない作業を実施したいた可能性もありますので、起きてしまったのかなと思います。

月々の明細をしっかりと毎月確認し、変に増減していないかどうか把握しましょう。
またその際になにか不審な点があれば、電力会社に問い合わせをしましょう。
電力会社の方は、しっかりと話しを聞いてくれますので、不審に思ったら泣き寝入りせず電話してみてください。

余談 なぜスマートメータに変更したのか?

実はlooopでんきに切り替えるためにスマートメータに変更しました。

よって今回の件は、別の電力会社に切り替えるタイミングで発生したので、なんとも複雑な気持ちになりました・・・
ちなみにlooopでんきの申込みは、ハピタスを使うとポイントが貯まってオトクです!

ハピタスの会員登録方法は、以下にまとめてありますので、よろしければどうぞ。

まとめ

電力会社の誤請求について、自身の体験談をまとめました。
今回の誤請求の原因は、スマートメータへの取替時に作業者の方がメータを読み間違えたことで起こってしまいました。
ただし迅速に電力会社の方に対応いただけた点と請求金額が正しくなって部分はよかったと思います。

今回の体験から得たものは以下です。

  • 月々の明細はしっかりと確認すること。
  • 何かおかしいと思ったら問い合わせをすること。
  • 明細がいつもと違った場合に前月と当月で何か変わったことがないか振り返ってみること。
  • 電力会社も間違えることはある。

まずはしっかりと月々の料金を確認することが大事だと思いますので、実施していきましょう。
私の今回の体験談がみなさまのご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です