30代、賢く生きることを目指すブログ。

賢く生きることで、少しでもオトクに暮らしたい。そんな情報をつらつらと書いていくサイトです。

ソラチカカードとANA VISA Suicaを比較。電車に乗る時はどちらを使うのが良い?

ソラチカカードとANA VISA Suicaで結局のところ電車のオートチャージはどちらでするのがいいのかという自分の疑問に答えるために色々と調べてみましたので、自分の備忘もかねてまとめたいと思います。

f:id:wsgfy9:20171105081701p:plain

スポンサーリンク

はじめに

まず私のANAカードの使用状況は以下のような感じです。

  • メイン  ANA VISA ワイドゴールドカード
  • サブ1 ANA VISA Suicaカード
  • サブ2 ソラチカカード
  • 使えるときに使う ANA銀聯カード

メインのみを10マイルコースにし、それ以外のカードは全て5マイルコースでの運用を考えています。
今回サブ1,2の交通系カードのオートチャージ分を効率よくマイルを貯めるためにどうすれば良いのかという点を検討してみました。
なお以下の前提条件のもと比較を実施しています。

  • 年会費は考えない。(両方とも所持前提)
  • 5マイルコースを選択。
  • 年間利用額のボーナスptは考えない。(少額決済のため)

ソラチカカードとANA Visa Suica比較

ここからは実際に検討するアイテムを一覧表にまとめてみました。

  ソラチカカード ANA VISA Suica
還元率 0.9%
ソラチカルート使用
0.95%
マイ・ペイすリボ
ソラチカルート使用
ポイント移行方法 ソラチカルート 通常ポイント 通常ルート
ボーナスポイント ソラチカルート
オートチャージ
モバイルSuica
乗車ポイント 東京メトロ定期区間外乗車時
平日 5pt (4.5マイル相当)
休日   15pt (13.5マイル相当)
運用 なし マイ・ペイすリボで毎月作業有
交通系カード Pasmo

Suica

還元率とポイント移行について

比較するとANA VISA Suicaの方が0.05%高いです。
ポイント付与は1000円につきそれぞれ以下です。

  • ソラチカカード メトロポイント5pt + OkiDokiポイント1pt
  • ANA VISA Suica ワールドポイント1pt + ワールドポイントボーナス1pt

 それぞれのポイント移行方法と還元率は以下になります。

  • ソラチカカード
    Okidokiポイントは、メトロポイントを経由して交換をします。メトロポイントに交換をしてからANAマイルに交換することで1ptあたり還元率が0.9%となります。ここ重要です!
    OkiDokiポイントから直接ANAマイルに交換もできますが、5マイルコースの方は還元率が低いのでおすすめしません。

    f:id:wsgfy9:20171029124019p:plain
    もう一方のメトロポイントは、上記のフローを見ても分かる通り直接マイルに交換をします。こちらも還元率は0.9%です。

  • ANA VIsa Suica
    ワールドプレゼントの通常ポイントは、直接ANAマイルに交換をします。こちらは1ptあたり還元率0.5%
    ワールドプレゼントのボーナスポイントは、PEXとメトロポイントを経由して交換をします。ボーナスポイントをPEXとメトロポイントを経由することで、還元率が0.9%になります。直接交換もできますが、以下のルートで交換をしましょう!ここ重要です!

    f:id:wsgfy9:20171104165359p:plain

少し複雑になりましたが、結局のところ上記の方法を使うと1,000円使ったらいくらマイルがたまるのかというところを算出してみます。

  • ソラチカカード
    Okidokiポイント 1pt マイル換算4.5マイル
    メトロポイント   5pt マイル換算4.5マイル
    合計 9マイル(還元率0.9%)
  • ANA VISA Suica
    ワールドプレゼントポイント 1pt マイル換算5マイル 
    ワールドプレゼントボーナスポイント 1pt マイル換算4.5マイル
    合計9.5マイル(還元率0.95%)

ということで還元率の面では、ANA VISA Suicaの方が優れています。

オートチャージとモバイルSuica

オートチャージについては、両方のカードともできますので、差分はありません。
ただしソラチカカードについては、内蔵のPasmo以外でオートチャージは、不可となります。

モバイルSuicaについては、ANA VISA Suicaのみ設定が可能です。
一番のメリットは、カード型のICカードを持ち歩かなくて良いことでしょう。
個人的には、モバイルSuicaの場合マネーフォワードに電車賃がしっかと反映されるのも良いと思っています。

乗車ポイント

こちらはソラチカカードのみになります。
定期券区間外で乗車すると1回の乗車につき以下のポイントが貯まります。

  • 平日 5メトロポイント
  • 休日 15メトロポイント

メトロをたくさん使うかたは、恩恵を受けられると思います。

運用

ソラチカカードは、とくに運用面で大変な部分はありません。しいて言えばポイント交換ぐらいでしょうか。
ANA VISA Suicaの方は、毎月マイ・ペイすリボの対応が必要になります。
少し面倒に感じるかもしれません。

交通系カード

とくにPasmoが良いとかSuicaが良い等はありませんが、自身のお持ちの定期券がどちらかというのが大きいかもしれませんね。

スポンサーリンク

結局のところどちらを使うのが良い?

それぞれのカード別にこんな方はこちらを使うべきということをまとめました。

ソラチカカードを使うべき方

  • 東京メトロに頻繁に乗車する。
  • 定期券がPasmoである。

ANA VISA Suicaを使うべき方

  • マイ・ペイすリボの作業を毎月できる。
  • 0.05%でも還元率が高いカードを使いたい。
  • モバイルSuicaが使いたい。
  • 定期券がSuicaである。

まとめ

サブカードとして交通系決済用にソラチカカードとANA VISA Suicaを比較しました。
還元率を重視する方やモバイルSuicaを使いたい方は、ANA VISA Suicaを使いましょう。
東京メトロを頻繁に乗車する方は、ソラチカカードを使いましょう。

私の場合は、東京メトロに乗る機会がある程度ありますので、ソラチカのオートチャージを使って行こうと思います。

スポンサーリンク