30代、賢く生きることを目指すブログ。

賢く生きることで、少しでもオトクに暮らしたい。そんな情報をつらつらと書いていくサイトです。

docomo with新旧対象機種比較まとめとオススメ、安く買う方法。

2017年冬モデルの新商品発表会にて、新たにdocomo with対応機種が追加されました。これまでの対応2機種と新たに追加される3機種についてまとめましたので、紹介したいと思います。

f:id:wsgfy9:20171021175244j:plain

スポンサーリンク

はじめに

docomo with機種は全部で5機種となりました。
それぞれ機種によって特徴がありますので、比較していきたいと思います。
またそれぞれを比較した結果、私がおすすめする機種や安く購入する方法をお伝えしたいと思います。

docomo with対象機種のスペック比較

docomo with対象機種のスペックを一覧にまとめました。

私が思う特徴的な部分を赤文字にしています。
こうみると少しではありますが、機種ごとに差分があることがわかります。
まずはこちらで比較していただき、機種ごとに紹介できればと思います。
docomo with対象機種のスペックまとめ

f:id:wsgfy9:20171027200740p:plain

AQUOS sense SH-01K

f:id:wsgfy9:20171021132806p:plain

出典:AQUOS sense SH-01K | ドコモオンラインショップ | NTTドコモより

 

国産メーカのシャープ製のdocomo with対象機種です。
価格は、他のdocomo with対象機種と比較して真ん中ぐらいです。
機能として特筆すべき点は、VoLTE(HD+)に対応している点です。
ちなみにVoLTE(HD+)とは何かといいますと電話の音質が良くなると思っていただければ問題ないです。
また表には記載ができていませんが、IGZOディスプレイを採用しているようですので、画面の綺麗さと電池持ちは良いのではないでしょうか。

MONO MO-01K

f:id:wsgfy9:20171021162658p:plain

出典:MONO MO-01K | ドコモオンラインショップ | NTTドコモより

中国のZTEというメーカ製のdocomo with対象機種です。
一番の特徴は、全docomo with対象機種の中で一番安く、「25,272円」である点です。
価格は安いのですが、侮ってはいけません。VoLTEや防水、オクタコアCPUやカメラの画素数も1,310万画素と他のdocomo with対象機種と比較しても遜色ありません。
またハイレゾ対応をしており音質には力を入れているようです。
これまでの一番安い機種は「arrows Be F-05J」でしたが、今回こちらの機種が加わったことにより、安いスマホを購入したいユーザはこちらに移るのではないでしょうか。

らくらくスマートフォン me(F-03K)

f:id:wsgfy9:20171021165349p:plain

出典:らくらくスマートフォン me(F-03K) | ドコモオンラインショップ | NTTドコモより

国産メーカの富士通製のdocomo with対象機種です。
ついにdocomo with対象機種にらくらくスマートフォンが登場です。
まだ価格は未定となっていますが、docomo with対象機種は通常の機種と比較して今のところ高額なものはないため、そこまで高くはならないのではないでしょうか。
またシニアが電話が多いことを意識してなのかはわかりませんが、VoLTE(HD+)にも対応しております。
今までらくらくスマートフォンも何年か出ていますが、大きなスペックアップはしておらずシニアが2年に1回も買い替えたりはしないので、人気がでると思います。

Galaxy Feel SC-04J

f:id:wsgfy9:20171021170430p:plain

出典:Galaxy Feel SC-04J | ドコモオンラインショップ | NTTドコモより

韓国メーカのサムスン電子製のdocomo with対象機種です。
こちらの機種は2017夏モデルとなりますが、2017年冬モデル新商品発表会では新色の「Aurora Green」の追加となました。
docomo with対象機種の中では一番のハイエンドモデルです。
特筆すべき点は、通信速度が「262.5Mbps」と速いことです。
こちらの数字が大きいとwebブラウジングや動画の再生などの読み込み速度が早くなります。
またバッテリーも「3,000mAh」と大きいため電池持ちも良いでしょう。
しかしながら価格は「36,288円」とdocomo with対象機種の中で一番高く、docomo with自体がローエンドモデルを求めるユーザが多いと考えられるため、どこまでユーザに響いているかは微妙なところです。

arrows Be F-05J

f:id:wsgfy9:20171021172331p:plain

 出典:arrows Be F-05J | ドコモオンラインショップ | NTTドコモより

国産メーカの富士通製のdocomo with対象機種です。
こちらのモデルは、2017年夏モデルとなっており、初期のdocomo with機種になります。
2017年冬モデルのMONO MO-01Jが出る前までは、docomo with機種の中で一番安い機種でしたが、今はその座を奪われてしまいました。
正直なところスペックもどれも中途半端で今後は購入される機会が減っていくのではないでしょうか。
しいて言えば、国産メーカで一番安いdocomo with対象機種を使いたいということであればこちらが選択肢となるでしょう。

安く買うためには?

本気で安く買いたいならば、機種変更で一括◯◯といった案件は、ツイッターを探せばあります。
なお具体的な案件などは、こちらの記事を参考にしていただければと思います。

www.d-wisely.com

スポンサーリンク

おすすめの機種は?

結局のところユーザ次第なところもありますが、こんな方はこの機種がおすすめというのをまとめます。

  • docomo withの中で一番スペックが良いものがいい
    ⇒Galaxy Feel SC-04J
  • とにかく安い機種がいい
    ⇒MONO MO-01K
  • らくらくスマートフォンを愛用している
    ⇒らくらくスマートフォン me(F-03K)
  • ある程度のスペックかつ国産メーカが良い
    ⇒AQUOS sense SH-01K

ちなみに私は「Galaxy Feel SC-04J」を買いたいと思っています!

まとめ

docomo with対象機種を全機種比較しました。
スペック重視なら「Galaxy Feel SC-04J」。
安さ重視なら「MONO MO-01K」で決まりです。

ただしまだ発売していないものが大半なので、発売したらすぐ購入できるように検討しましょう。
なおそれぞれ特徴がありますので、自身が欲しい機能にあったものを、今回私がまとめた表をぜひ活用いただいて購入いただければと思います。

スポンサーリンク