30代、賢く生きることを目指すブログ。

賢く生きることで、少しでもオトクに暮らしたい。そんな情報をつらつらと書いていくサイトです。

ドコモの新サービス機種変更応援プログラムプラスについて解説。無料なので加入はするが、ほぼ使うことがない理由。

ドコモ機種変更応援プログラムプラスがiphone 8 および

iphone 8 Plus発売と同時にスタートします。

しかしながらほぼ使うことがないので、その理由についても説明します。

なおiphoneXも同様のサービスに対応することが発表されました!

 

f:id:wsgfy9:20170921210229j:plain

スポンサーリンク

ドコモ機種変更応援プログラムプラスとは?

iphone 8 および iphone 8 Plusを購入したドコモユーザが、

機種変更後13ヶ月目〜25ヶ月目の間に機種変更を実施した場合に

dポイントを最大で40000pt還元するサービスです。

 

月額料金は?

無料です。

今までの機種変更応援プログラムは月額300円なので、お得ですね。

※今回ご説明しているのは機種変更応援プログラムプラスです。

 

加入条件は?

Xi契約でiphone 8 もしくは、iphone 8 Plusを購入することです。

機種変更応援プログラムプラスは、購入時のみ加入することができます。

機種変更応援プログラムは後からつけることができませんので、

注意が必要です。

※現状はiphone X に対応することは発表されておりません。

 

スポンサーリンク

機種変更時期ごとの還元ポイント

機種変更の時期ごとに還元ポイントが異なります。

f:id:wsgfy9:20171008212441p:plain

実際に使うには?

・機種変更後13ヶ月〜25ヶ月の間に機種変更を実施する。

 その間他の機種に変更してはいけません。

・機種変更実施時に、端末を返却する。

 その端末は破損していてはいけません。

 正常な端末のみ受付可能です。

・対象機種を購入すること。

 

注意点

今までに記載した内容プラス注意点をまとめます。

  1. 機種変更時点で月々サポートが終了する。
    機種変更をしなければ、月々サポートの割引は24ヶ月継続するのですが、
    機種変更をした時点でなくなります。

  2. 機種変更後13ヶ月〜25ヶ月の間に機種変更をしないと使えない。

  3. 端末が破損していると使えない。

  4. 対象機種が限られている。
    最新機種に機種変更される方が大半かと思いますので、
    あまり大きな注意点ではないです。

  5. 下取りプログラムと同時に使うことができない。

 

なぜほぼ使うことがないのか?

機種変更応援プログラムプラスの最大の欠点は、

下取りプログラムと同時に使うことができない点です。

ここでiphone 8 とiphone 8 Plusが発売される日(2017/9/22)の

iphone 7の下取り金額を調べてみました。

f:id:wsgfy9:20171008212741p:plain

はいお察しの良い方はすでにお気づきかもしれませんが、

例を交えて解説します。

 

例 iphone 8 購入後13ヶ月後に新しい機種に変更するとします。

  そのときに機種変更応援プログラムプラスを使うと

  40,000ポイントと引き換えに端末を渡すことになります。

 

iphone 8 の下取り金額が、現在のiphone 7と 同じ値段(41,000円)と仮定すると

機種変更応援プログラムプラスのポイント(40,000pt)となり

下取りをした方がお得になります。

 

ならば25ヶ月ぎりぎりに機種変更すれば良いのではと思うかもしれませんが、

機種変更応援プログラムプラスは、毎月減額されます。

仮に2年前の機種であるiphon 6 S の下取り金額と同じとすると、

26,568円になります(2017/9/22現在)。

25ヶ月後の機種変更応援プログラムプラス利用ポイントは9,000ptになりますので、

下取りをした方がお得になります。

f:id:wsgfy9:20171008212923p:plain

まとめ

・機種変更応援プログラムプラスは無料なので入っておく。

・次回機種変更時は、下取りの価格と機種変更応援プログラムのポイントを比較して

 機種変更をする。

・端末は破損させないように大事に使う。

・機種変更応援プログラムプラスは、損をすることはないが、
 得をする場合もほとんどない。

 

スポンサーリンク